鷺の停車場

クラシック音楽、旅行、日常のできごとなどを気ままに書いていきます

NHK「戦慄の記録インパール」

NHK終戦記念日関連の特番の1つ、NHKスペシャル「戦慄の記録インパール」を視ました。

www6.nhk.or.jp

第二次世界大戦における日本軍の無謀な作戦の代表格ともいえる「インパール作戦」。中国軍への補給路となっていた「援蒋ルート」の遮断を狙い、イギリス軍拠点の攻略を目指したこの作戦、合理的な思考を欠いた精神論が、いかに悲惨な結果をもたらしたが、文献資料や当時を知る現地住民への聞き取りを含む現地取材によって明らかにされていきます。

2~3年前にやはり終戦特番で「狂気の戦場 ペリリュー~"忘れられた島"の記録~」を視ましたが、補給もなく、投降はもちろん玉砕も禁じられて飢えに苦しみながら、やがてゲリラ的な奇襲しかできなくなっていく日本軍と、それに苦戦し残忍さを増していき、戦略的価値が失われてもなお壊滅を続けるアメリカ軍の、異様な戦いをあらわにして、これも胸が押し潰されそうになる番組でした。
多くの兵士が、否応なしに極限的な状況に直面させられ、飢えや傷病に苦しみ、そして命を落としていったという点では、今回の番組のインパールも同じかもしれません。
ただ、ペリリューでは、拠点防衛という受身の戦いの中で、アメリカ軍の被害拡大・足止めを図るという狙いについては(その狙い自体、あるいはその実行過程での種々の判断の是非の問題はともかくとして)一定の成果はあったともいえるわけですが、インパールでは、自ら攻略戦を仕掛けながら、成果らしい成果もなく、ただ自軍の兵力・戦力を消耗した結果が残っただけで、なおさら、救いのない、やりきれない気持ちになりました。
兵站(補給)の専門家だった参謀の冷静な進言を精神論で一喝し、左遷させて開始したとか、作戦が難航する中、続行に異を唱える師団長を全てすげ替えてまで進攻を続けたとか見ると、実際には本人だけの責任ではないのかもしれませんが、司令官の判断能力の欠如が招いた悲劇であることは間違いない。
でも、支社長が部下の冷静な指摘に耳を貸さずに大方針を打ち出し、精神論で鼓舞してもうまく回らず、現場はみるみる疲弊していく……といった状況を思い浮かべると、こうした事態は、現代でも無縁ではないなぁとか、いろいろ考えさせられる番組でした。

「この世界の片隅に」映画館上映スケジュールまとめ(8/19~8/25)

来週も引き続き上映してくれる映画館の週末からの上映スケジュール一覧です。
前週で多くの映画館の(再)上映が終了してしまいましたが、今週から、首都圏を中心にイオンシネマ9館で特別料金1,100円での2週間限定上映が始まるなど、まだまだ上映は続きます。
イオンシネマは8/25(金)の上映予定が未定の館が多いので、分かり次第更新したいと思います。

◯8/19(土)~8/25(金)
【北海道・札幌】シアターキノ
[土~木]11:45(A館:63席?)※8/24上映終了予定
山形県・天童】イオンシネマ天童
09:30/15:00/20:35(スクリーン7:309席)※9/1上映終了予定
茨城県・土浦】土浦セントラルシネマズ
10:00/12:30/15:00/17:30(シネマ2:280席)
茨城県・守谷】イオンシネマ守谷
[土~木]10:20/15:35/18:05(スクリーン6:124席) [金]未定(スクリーン6:124席?)※9/1上映終了予定
【埼玉県・浦和美園イオンシネマ浦和美園
[土]08:25/13:45 [日~水]08:25/13:45/19:05(スクリーン11:156席) [木]08:25/13:45/16:20(スクリーン11:156席?) [金]未定(スクリーン6:113席?)※9/1上映終了予定
【千葉県・海浜幕張イオンシネマ幕張新都心
[土~木]17:40(スクリーン8:345席)※ULTIRA9.1ch上映 [金]未定(スクリーン2:89席?)※9/1上映終了予定
【東京都・新宿】テアトル新宿
[土/日]09:20(シアター1:218席)※8/21~8/25休映
【東京都・渋谷】ユーロスペース
13:10(ユーロスペース1:92席)※8/25上映終了予定
【東京都・田端】CINEMA Chupki TABATA
[土~火/木/金]12:00/14:30(20席)※8/23休映、8/31上映終了予定
【東京都・東武練馬】イオンシネマ板橋
[土~木]10:30/20:55(スクリーン11:92席)[金]未定(スクリーン11:92席?)※9/1上映終了予定
【東京都・武蔵村山イオンシネマむさし村山
[土~水]12:20(スクリーン8:104席)/17:40(スクリーン12:129席) [木]12:20(スクリーン8:104席?) [金]未定(スクリーン7:90席?)※9/1上映終了予定
【神奈川県・センター北】イオンシネマ港北ニュータウン
[土~木]11:05(スクリーン8:99席) [金]未定(スクリーン8:99席?)※9/1上映終了予定
【神奈川県・新百合ヶ丘川崎市アートセンター・アルテリオ映像館
[土/日/火~金]10:00(111席)※1週間限定上映、8/21休映、8/25上映終了予定
【神奈川県・厚木】アミューあつぎ映画.comシネマ
[土]17:10 [日~金]10:30/13:00(スクリーン3:112席)※8/25上映終了予定
【神奈川県・逗子】CINEMA AMIGO
[土]15:00/20:00 [日~木]10:00(20席)※8/25休映、9/9上映終了予定
新潟県・新潟】イオンシネマ新潟西
[土~木]08:25/13:40/18:55(スクリーン9:194席) [金]未定(スクリーン5:107席?)※9/1上映終了予定
新潟県十日町十日町シネマパラダイス
[土~水/金]10:30(126席)※8/24休映、9/1上映終了予定
福井県・福井】福井メトロ劇場
12:50/17:20(117席)※8/25上映終了予定
【愛知県・港】イオンシネマ名古屋茶屋
[土~木](スクリーン5:100席)/18:55(スクリーン7:100席) [金]未定(スクリーン5:100席?)※9/1上映終了予定
【愛知県・豊田】トヨタグランド
20:00(スクリーン1:90席?)※8/25上映終了予定
大阪府・梅田】テアトル梅田
09:30(シアター1:96席)※8/25上映終了予定
兵庫県・宝塚】シネピピア
10:40(シネマ2:50席)※8/25上映終了予定
広島県・中区】八丁座壱・弐
10:15(八丁座壱:167席?)/14:30(八丁座弐:70席?)
広島県尾道シネマ尾道
12:00(112席)※9/1上映終了予定
広島県・福山】福山駅前シネマモード
[土~木]10:20(シネマモード2:134席?)※8/25休映、9/1上映終了予定

各日ごとの集計は次のとおりで、1週間分の合計は、25館・延べ278回・40,757席(推定)になります。

・8/19土 25館・延べ42回・6,093席(推定)
・8/20日 25館・延べ43回・6,341席(推定)
・8/21月 23館・延べ41回・6,012席(推定)
・8/22火 24館・延べ42回・6,123席(推定)
・8/23水 23館・延べ40回・6,083席(推定)
・8/24木 23館・延べ40回・5,868席(推定)
・8/25金 21館・延べ30回?・4,237席?(推定)

上映館は大幅に減りましたが、イオンシネマでは300人以上の大スクリーンで上映する館があったり、1日2~3回上映する館もあったりと、上映回数は前の週の8~9割ありますし、推定延べ席数はむしろ前の週より増えます。
翌週、その翌週と更に上映館は減ってしまう見込みですが、少なくとも9/15のBlue-lay・DVDの発売までは上映は続きそうです。

(注)基本的に、公式HPの劇場情報で紹介されている映画館について、更新時点でネット上で確認できた情報を基に記載していますが、誤認・誤記がある可能性もありますので、正しくはリンク先の公式サイトなどでご確認ください。
また、スクリーンが複数ある映画館での上映スクリーン番号や、各スクリーンの座席数が公式サイトに明示されていない場合には、便宜上、原則として各種情報サイトから確認できた座席数の中で一番少ない数を「?」を付けた上で記載しています。,

鼎泰豐@おおたかの森

流山おおたかの森ショッピングセンターにある点心料理店の鼎泰豐(ディンタイフォン)でランチ。
今年のGWごろにオープンしたお店。
台湾の小籠包の有名店、日本国内でも10数店展開しているようですが、千葉エリアでは初出店とのこと。

f:id:Reiherbahnhof:20170813220447j:plain
通路と店内を隔てる壁はなく、オープンカフェのような、ちょっとお洒落なつくり。

昼食としてはやや遅めの13時半前に伺いましたが、まだ約10組・30分待ちとの表示。
周囲のレストランは、入口で名前を書いて、店頭の椅子に座って待つスタイルが多いですが、このお店は、整理券をもらって、順番に呼び出すスタイル。店頭には、その時点の呼出番号などを表示するディスプレイも設けられています。
整理券をもらって、しばし他のお店で時間をつぶしていると、整理券をもらっても待ちきれず他の店に流れるお客さんもいるのか、20分ほどで順番が回ってきました。

席に座ると、ポット入りの温かいジャスミン茶が出てきます。
f:id:Reiherbahnhof:20170813221458j:plain
注文したのは、担々麺と小籠包、もう1人は豚肉入りチャーハン。
まずは小籠包がでてきました。
f:id:Reiherbahnhof:20170813221534j:plain
テーブルに小籠包の食べ方を書いた表示もあり、それに従って備付けの小籠包のタレなどをつけて食べます。肉汁?がじわっと出てきて美味しい。
食べ終わる頃に、それぞれメイン料理が到着。
f:id:Reiherbahnhof:20170813221618j:plain

f:id:Reiherbahnhof:20170813221640j:plain
見た目、街中の一般的な中華料理店よりも量は若干少なめな感じです。
味も、まろやかでちょっと上品なように感じられます。店内の雰囲気のせいもあるのかも。
値段は高めなので、普段使いする感じではありませんが、たまにちょっとリッチな気分で味わうには手軽なお店かも。

「言の葉の庭」ほか@キネマ旬報シアター

柏駅西口のキネマ旬報シアターの特集上映「新海誠の世界」の1つ、「言の葉の庭」を観てきました。

f:id:Reiherbahnhof:20170813222016j:plain
7/22からの「君の名は。」の上映から始まったこの特集、7/29~8/11は「雲のむこう、約束の場所」(2004)も上映していましたが、8/12からは上映作品が入れ替わり、「秒速5センチメートル」(2007)、「星を追う子ども」(2011)、「言の葉の庭」(2013)の3作品が8/25まで上映されます。(「君の名は。」は当初8/11までの予定でしたが8/25まで上映延長されています)。なお、「君の名は。」以外の旧作は、1,000円(高校生以下500円)の特別料金です。

柏駅西口、高島屋本館の手前で右に曲がり、階段で1Fに下りると、映画館があります。
f:id:Reiherbahnhof:20170813222107j:plain
f:id:Reiherbahnhof:20170813222130j:plain
この映画館は、今年4月の「マイマイ新子と千年の魔法」が初めてだったのですが、その後も観に来る機会があって、この日で4回目。
f:id:Reiherbahnhof:20170813222148j:plain
朝早い09:10~の回、目論見どおり起きることができず、ちょっと慌てて映画館に向かいましたが、上映開始時間ギリギリに何とか間に合いました。
f:id:Reiherbahnhof:20170813222218j:plain
スクリーンはロビー右手の階段を上がった2Fにあるスクリーン3。座席数は136で、この映画館で3つあるスクリーンのうち最も小さいスクリーン。
f:id:Reiherbahnhof:20170813222245j:plain
スクリーンの入口脇には、チラシも掲示してありました。さすがにパンフレットは売っていません。
入ってみると、20人弱という感じでしょうか。朝早い時間帯ですが、思ってたよりは入っています。お盆期間の週末なのはプラス・マイナスのどちらに働いたのでしょうか?

冒頭の、周囲の風景を映した水たまりに水紋が広がるシーンから、緻密な描写に引き込まれていきます。この映像美だけでも、観る価値がある見事な作品だと思います。

主人公は革靴職人を目指す15歳の男子高校生。雨の日の午前中は、授業をサボって学校近く?の新宿御苑で過ごす。ある雨の日、新宿御苑でベンチで金麦を片手に佇む社会人らしき若い女性に出会い、雨の日に新宿御苑で会うのを重ねる中で、将来への不安/心の闇を抱える2人はお互い惹かれ合っていく・・・。

描かれる舞台は、新宿御苑のほか、学校、通学経路の駅や道、互いの自宅、主人公のバイト先という程度で、「君の名は。」のような舞台転換はありません。展開も、降り積もる雪のように静かに物語を積み重ねていく感じ。しかし、その中で伏線が埋め込まれていき、2回、大きな振幅で物語(感情)が動きます。

劇的な展開があるわけではなく、前述の大きく動く場面のセリフに青臭さがなくもないので、観る人を選ぶ(=好き嫌いが分かれる)映画でしょうが、私にはいい作品でした。

言の葉の庭」は約45分の短い作品、「彼女と彼女の猫-Everything Flows-」が同時上映でした。約30分のこの作品は、新海監督が作った約5分の小品を基にリメイクした作品のようです(違ったらすいません)。画風は明らかに新海監督のものとは違いますが、しみじみ静かに展開していくあたり、「言の葉の庭」との共通項も感じられて、これはこれで良かったです。

「この世界の片隅に」映画館上映スケジュールまとめ(8/12~8/18)

(8/15加筆)池袋シネマ・ロサの8/18上映時間などを修正しました。

--------------

来週も引き続き上映してくれる映画館の週末からの上映スケジュール一覧です。
終戦記念日を迎える今週、川越スカラ座新宿ピカデリーユーロスペース(渋谷)、CINEMA AMIGO(逗子)、アミューあつぎ映画.comシネマ、十日町シネパラダイス、シネモンド(金沢)、福井メトロ劇場、トヨタグランド(豊田)、京都シネマ福山駅前シネマモード、宮崎キネマ館、ガーデンズシネマ(鹿児島)でも上映され、この夏の上映のピークを迎えます。

◯8/12(土)~8/18(金)
【北海道・札幌】シアターキノ
11:45(A館:63席?)※8/24上映終了予定
【北海道・苫小牧】シネマ・トーラス
[土/日]11:00(40席)※8/13上映終了予定
宮城県・仙台】チネ・ラヴィータ
09:50(シアター2:64席)※8/18上映終了予定
茨城県・土浦】土浦セントラルシネマズ
10:00/12:30(シネマ2:280席)
群馬県・高崎】高崎電気館
[土]17:00 [日/水]13:00 [月]10:30 [火]15:00 [木]15:30 [金]19:00(256席)※8/18上映終了予定
【埼玉県・川越】川越スカラ座
[土]13:00/18:00 [日/月/水~金]13:00 [火]15:30(124席)※日本語字幕付、1週間限定上映、8/15上映後片渕監督挨拶、8/18上映終了予定
【千葉県・柏】キネマ旬報シアター
12:30(スクリーン1:160席)※8/18上映終了予定
【東京都・新宿】テアトル新宿
10:00(シアター1:218席)
【東京都・新宿】新宿ピカデリー
[火]18:15(スクリーン1:580席)※8/15限定上映、上映後片渕監督挨拶
【東京都・池袋】池袋シネマロサ
[土~木]12:35(シネマロサ1:193席)[金]15:50(シネマロサ2:177席)※8/18上映終了予定
【東京都・渋谷】ユーロスペース
[土]10:30(ユーロスペース2:145席) [日~金]13:10(ユーロスペース1:92席)※8/12上映後片渕監督挨拶、8/25上映終了予定
【東京都・田端】CINEMA Chupki TABATA
[土~火/木/金]12:00/14:30(20席)※8/16休映、8/31上映終了予定
【神奈川県・武蔵小杉】川崎市民ミュージアム
 [日]14:30(270席)※8/12休映8/13上映終了予定
【神奈川県・厚木】アミューあつぎ映画.comシネマ
14:50/17:25(スクリーン3:112席)※8/25上映終了予定
【神奈川県・逗子】CINEMA AMIGO
[日~金]15:00/20:00(20席)※8/13上映開始、9/9上映終了予定
新潟県・高田】高田世界館
[土~月/水~金]10:00(181席)※8/15休映8/18上映終了予定
新潟県十日町十日町シネマパラダイス
[土~水/金]10:30/15:00(126席)※8/17休映、9/1上映終了予定
富山県・富山】TOHOシネマズ ファボーレ富山
[木]14:50(シネマ6:221席)※8/17限定上映、上映後片渕監督挨拶
【石川県・金沢】シネモンド
10:10(90席)※1週間限定上映、8/17上映後片渕監督挨拶、8/18上映終了予定
福井県・福井】福井メトロ劇場
[土~月/木/金]10:50/15:10/19:30 [火]12:15/16:30 [水]10:50/15:40(117席)※8/16の15:40上映後片渕監督挨拶、8/25上映終了予定
【長野県・上田】上田映劇
[月~木]13:20(270席)※8/17上映終了予定
静岡県・静岡】静岡シネ・ギャラリー
15:35(スクリーン1:50席?)※8/18上映終了予定
【愛知県・豊田】トヨタグランド
17:20(スクリーン1:90席?)※8/25上映終了予定
京都府・烏丸】京都シネマ
10:10(シネマ1:104席)※1週間限定上映8/18上映終了予定
大阪府・梅田】テアトル梅田
09:50(シアター1:96席)※8/25上映終了予定
大阪府・九条】シネ・ヌーヴォ
10:10(69席)※8/18上映終了予定
兵庫県・三宮】シネ・リーブル神戸
14:00(シネマ1:141席)/19:55(シネマ2:79席)※8/18上映終了予定
兵庫県塚口塚口サンサン劇場
10:00/14:50(シアター4:155席)※日本語字幕付・特別音響上映、8/18上映終了予定
兵庫県・宝塚】シネピピア
12:40(シネマ2:50席)※8/25上映終了予定
広島県・中区】八丁座壱・弐
12:30(八丁座弐:70席?)/18:50(八丁座壱:167席?)
広島県・呉】呉ポポロシアター
16:30(スクリーン2:150席?)※8/18上映終了予定
広島県尾道シネマ尾道
11:40(112席)※9/1上映終了予定
広島県・福山】福山駅前シネマモード
[土~木]10:20/19:00 [金]10:20/19:20(シネマモード2:134席)※9/1上映終了予定
山口県・萩】萩ツインシネマ
12:00(スクリーン1:85席?)※8/18上映終了予定
徳島県・徳島】ufotable CINEMA
[土/日]13:15(シアター2:35席) [月/火]13:20(シアター1:100席) [水~金]11:45(シアター1:100席)/21:20(シアター2:35席)※1週間限定上映8/18上映終了予定
愛媛県・松山】シネマルナティック
15:35(160席)8/18上映終了予定
大分県・日田】日田シネマテーク・リベルテ
15:00(63席)※8/18上映終了予定
【宮崎県・宮崎】宮崎キネマ館
[土]15:50 [日]14:15 [月/火/木]13:50 [水/金]13:50/20:00(キネマ1:94席)※1週間限定上映、8/13上映後片渕監督挨拶、8/18上映終了予定
【鹿児島県・鹿児島】ガーデンズシネマ
[土~火]10:20 [水~金]12:35(39席)※1週間限定上映8/18上映終了予定
沖縄県那覇桜坂劇場
[土]21:40 [日]20:40 [月~金]21:10(ホールA:300席)※8/18上映終了予定

各日ごとの集計は次のとおりで、1週間分の合計は、40館・延べ330回・40,511席(推定)になります。

・8/12土 36館・延べ47回・5,887席(推定)
・8/13日 38館・延べ49回・5,958席(推定)
・8/14月 36館・延べ47回・5,713席(推定)
・8/15火 36館・延べ46回・5,995席(推定)
・8/16水 35館・延べ46回・5,685席(推定)
・8/17木 36館・延べ47回・5,717席(推定)
・8/18金 35館・延べ48回・5,556席(推定)

この夏の上映のピークとなる今週、映画館のほかにも、公民館、市民会館など公共施設での上映も数多くあるようですが、映画館では、8/18で上映終了予定のところも多く、翌週は上映館が大幅に減ってしまう見込みです。
ただ、8/19からは首都圏を中心にイオンシネマ9館で特別料金1,100円での2週間限定上映が始まるなど、上映館もまだまだありますので、少なくとも9/15のBlue-lay・DVDの発売までは上映は続きそうです。

(注)基本的に、公式HPの劇場情報で紹介されている映画館について、更新時点でネット上で確認できた情報を基に記載していますが、誤認・誤記がある可能性もありますので、正しくはリンク先の公式サイトなどでご確認ください。
また、スクリーンが複数ある映画館での上映スクリーン番号や、各スクリーンの座席数が公式サイト禱で確認できない場合などは、便宜上、原則として各種情報サイトから確認できた座席数の中で一番少ない数を「?」を付けた上で記載しています。,

てらッちょ@柏

柏駅近くにある「博多とんこつラーメン三代目てらッちょ。柏店」で昼食。

「てらッちょ。」は、確か我孫子市役所近くにあるお店「環七ラーメンてらッちょ。」が元祖だと思います。こってりがウリで、そのお店にもかなり前に1~2回食べに行ったことがあります。

柏駅東口から徒歩数分のこの場所、すぐ近くに「青葉」、北海道ラーメンの「ひむろ」、家系の「せい家」、さらに、ラーメン専門ではありませんが「大阪王将」「珍来」と、ラーメンが食べられるお店が数十メートルもない範囲に密集しています。そのせいもあって、以前はラーメン店が開店してもやがて撤退というのが続いていたように思いますが、てらッちょになってからはしばらく安定しているよう。

こってり系のラーメンは、私の好みの部類とはちょっとズレるので、ラーメン店の中でも行く頻度は少な目。若いころは何ら気にせずガツガツ食べていたと思うのですが、今となっては、あまり脂っこいものを食べると後がしんどくなってしまうことも多いのです(歳を感じます…)。

ということで、頼んだのは基本の「博多豚骨ラーメン」の脂少な目。

f:id:Reiherbahnhof:20170806210016j:plain

麺は細麺と中太麺とから、固さも5段階から選べます。替玉は1玉100円、半玉60円でこちらは細麺のみ。

とんこつラーメンといえば細麺が普通ですが、試しに中太麺にしてみました。

脂少な目とは言っても、元々がこってりなので、脂はけっこうあります。食べてみると、意外にモチモチした麺も悪くない。お腹が空いていたこともあり、すぐに食べ進み、替玉半玉をバリカタで追加。

テーブルには紅しょうがや辛子高菜、味付けモヤシが置いてあるので、辛子高菜も投入すると、麺の食感とともにスープの味の変化も楽しめました。

 

ボルダリング@印西牧の原

休みの日に子どもとボルダリングをしてきました。
f:id:Reiherbahnhof:20170806202305j:plain
印西牧の原駅の近くにあるショッピングモール「ビッグホップガーデンモール牧の原」。モール内に小さいですが観覧車もあります。

その2階の一角に、ボルダリングジム「ロッキー印西店」があります。
f:id:Reiherbahnhof:20170806202726j:plain
初回は会員登録料が1000円かかりますが、会員登録した際に、登録料が無料になるクーポンがもらえたので、家族で楽しみたい方は、最初に子どもだけ登録し、次回にクーポンを使って親も登録するといったやり方がお得かもしれません(休日2800円・平日2400円で、会員登録せずに利用することも可能)。

料金は大人1時間1400円、2時間1600円(休日料金:平日の200円増し。子どもはいずれもこれより300円安いです)、レンタルシューズ代は300円です。

店内はこんな感じ。

f:id:Reiherbahnhof:20170806203605j:plain

f:id:Reiherbahnhof:20170806203627j:plain
ビギナーの私には、こんな斜度のきついエリアはとてもチャレンジできません。中肉中背の体重を支えられる握力・腕力がないので、すぐに落ちてしまいます。
でも、そんな人でもそれなりに楽しめるビギナー向けのエリアや子ども向けのファミリーエリアもあります。

f:id:Reiherbahnhof:20170806203712j:plain
これはファミリーエリア。子どもたち(時にその親も)が、ガシガシと登っていきます。
初めてのキッズ向けには、もっと優しいコースも用意されています。

f:id:Reiherbahnhof:20170806203735j:plain
いずれも、難易度ごとにテープで色分けされており、手も足も、指定された石?だけを使って上のゴールまで登ります(難易度が低いコースは足は自由になっています)。

難易度が高いコースはつかみにくい石があったりして、ビギナーの私には到底無理な感じですが、難易度が低いコースでも、日ごろ体を使わない私にとっては、通常は使わない筋肉をいろいろ使うので、汗をボロボロかきつつ、けっこう爽快な気分になりました。