鷺の停車場

映画、グルメ、クラシック音楽、日常のできごとなどを気ままに書いていきます

IKEA@三郷

少し前の週末の午前、IKEA新三郷に行ってみました。

f:id:Reiherbahnhof:20180902124341j:plain
平日は10時オープンのようですが、休日は9時からオープンしています。
お店の入口には、4~10歳の子どもを60分無料で預けることができるプレイランド「スモーランド」もありますが、私が入店したときには、まだ開店から30分も経っていないのに、すでに枠がかなり埋まっていて、預けられるのは夕方以降の時間帯だけになっているようでした。 

f:id:Reiherbahnhof:20180902124404j:plain
まずは朝食を兼ねてレストランに入ります。

f:id:Reiherbahnhof:20180902124628j:plain

f:id:Reiherbahnhof:20180902124635j:plain
注文口はかなりの混雑です。

f:id:Reiherbahnhof:20180902124646j:plain
座席にはまだ余裕がありました。清潔感のある開放的な雰囲気です。

f:id:Reiherbahnhof:20180902124657j:plain
土日祝朝10時までの時間の限定ですが、モーニングカレーは何と99円。具は何も入ってませんが、味はそれほど悪くない。値段を考えれば十二分の出来。ドリンクバーも会員は朝11時までは無料です。

f:id:Reiherbahnhof:20180902124757j:plain
こちらはモーニングプレート(149円)とプレーンソーセージ(120円)。いずれも、この味でこの安さはすごい。

腹ごしらえをしてから、店内を見て回ります。

f:id:Reiherbahnhof:20180902124830j:plain

f:id:Reiherbahnhof:20180902124838j:plain

f:id:Reiherbahnhof:20180902124846j:plain

f:id:Reiherbahnhof:20180902124854j:plain
朝からかなりの人出です。2階を見終わって1階へ。

f:id:Reiherbahnhof:20180902124904j:plain
ひととおり店内を見て回って会計レジに着くまでには軽く2~30分かかります。

f:id:Reiherbahnhof:20180902124912j:plain
会計を終えたところには、軽食などを売っているスウェーデン・フード・マーケットやビストロがあり、こちらもけっこう混んでいました。 

IKEAに来たのは数年ぶりですが、相変わらずお客の購買意欲をかき立てるディスプレイはうまいなあと思いました。

映画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」

映画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」を観に行きました。

www.bitters.co.jp

行ったのはアップリンク渋谷。上映館は首都圏ではもはやここだけです。

f:id:Reiherbahnhof:20180922075723j:plain
渋谷駅で降りるのはかなり久しぶりな気がします。渋谷駅前のスクランブル交差点の混雑ぶりはやはり凄い。

f:id:Reiherbahnhof:20180922075746j:plain
Bunkamuraの脇を通って10分ほど歩いたでしょうか、何とか迷わず到着できました。
予約していたチケットを1階で発券し、2階のスクリーン2に上がります。

f:id:Reiherbahnhof:20180922075849j:plain

f:id:Reiherbahnhof:20180922075926j:plain

f:id:Reiherbahnhof:20180922075833j:plain
全体で45席の小さなスクリーン。シートはゆったりしていて快適です。この日は、上映後にトークショーが行われることもあり、満席でした。

押見修造さんの人気マンガ「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」の映画化だそうですが、未読の状態で観賞。

以下、多少ネタバレですが、大まかなあらすじ。

高校に入学した志乃(南沙良)は、吃音に苦しんでおり、初の自己紹介でもどもって自分の名前が言うことができず、クラスに溶け込むことができない。ちょっとしたきっかけで音楽好きだが音痴の加代(蒔田彩珠)と親しくなり、志乃が歌は上手に歌えることを知った加代は志乃をバンドに誘う。2人は文化祭に出ようと打ち込むが、かつて志乃をからかった菊地(萩原利久)が半ば強引に加わったことで、精神的に辛くなった志乃はバンド活動から逃げ出す。

迎えた文化祭の日、加代は音痴を覚悟の上で1人でバンドコンテスト会場の体育館のステージに上がり、ギターを弾いて自作の歌を歌う。その歌声を体育館裏手で耳にした志乃は、会場に駆け込み、涙ながらに自分の心の底の思いを叫ぶ。(その後のエンディングは書かないでおきます)

心に刺さる映画でした。

しゃべれない女子高生が主人公で、歌をきっかけに自分の殻を少しずつ打ち破っていくというのは、アニメ映画「心が叫びたがってるんだ。」とも共通します。ただ、同作では、主人公の順は、最後にはステージに上がってミュージカルの主役を(途中からですが)歌いきり、大団円で終わるわけですが、本作では、その後に希望を持たせる終わり方ですが、単純なハッピーエンドではありません。

最初の自己紹介のシーン、極度の緊張から激しくどもり、どうしても自分の名前が言えない志乃は痛々しい。加代も、ミュージシャンを夢見ながら、激しい音痴であることに強いコンプレックスを抱いています。その2人が、バンドを組んで練習していく中で、少しずつ変わっていく。しかし菊池の乱入で、2人の関係に影が差し、その関係が変化していきます。

志乃は、おそらくそれまでの辛い経験から、しゃべらず存在感を消していれば、辛い思いをしないで済む、という逃げの姿勢を(本人の意識ではたぶん否応なしに)とっていて、そうした自分を変えること(で辛い思いをすること)を極度に恐れています。加代の登場で少し変化が見えてくるのですが、菊池の登場で再び自分の殻に閉じこもってしまいます。3歩進んで2歩下がるという感じで。
しかし、典型的なKYという設定の菊池も、おちゃらけキャラは周囲に溶け込みたいがための仮面で、場の空気を読めず逆にスベってしまうため友達ができず、実は孤独感に苛まれています。タイプは違えど、生きにくさを感じているという点で、菊池と2人は共通します。彼がバンドに強引に参加しようとしたのも、2人の熱心な姿に打たれ、自分を変えようとする彼なりの行動だったのでしょう。だからこそ、バンドから逃げ出し自分の殻にこもってうじうじしている志乃に対して、怒りをぶつけることになるわけで、それが、最後の志乃の叫びのシーンの伏線にもなっています。

辛いシーンもありますが、海や空などの美しい風景、組んで歌う時の2人のいきいきとした表情など、映像がとても素晴らしくて、不器用で切なく残酷でもあるけど、繊細で鮮やかで輝かしい、高校生の青春のきらめきが印象に残る映画でした。

演技も、南沙良のなりふりかまわず全てをぶつけるかのような演技は、迫るものがありました。特に、鼻水が垂れるのを構わず大泣きするシーンはすごかった。

f:id:Reiherbahnhof:20180922075948j:plain
上映後、本作の田坂公章プロデューサーのMCで、湯浅弘章監督、脚本の足立紳さんのお二人によるトークショー。原作から膨らませた菊地のエピソードなど原作のマンガから変えた部分の意図、映画の初期プロット→初稿→最終稿でどう変わったのかなど、興味深いお話を聞くことができました。

トークショー終了後、お二人のサイン会も開かれました。オフィシャルブックか原作コミックを購入(持参)すればサインいただけるとのこと。映画を観る前は、サイン会には参加せず帰るつもりだったのですが、トークショーをお聞きして、原作との違いを確認したい気持ちが強くなって、原作コミックを購入し、サインをいただきました。

f:id:Reiherbahnhof:20180922080047j:plain  

志乃ちゃんは自分の名前が言えない

志乃ちゃんは自分の名前が言えない

 

f:id:Reiherbahnhof:20180922080205j:plain
列の前で先にサインいただいているお客さんと監督との会話をお聞きしていると、2回、3回と何度も観ていて、熱い思いをお伝えする方が多くおられます。

今回が初鑑賞の身で、何をお話ししようかちょっと迷った末、映像が美しかったことをお伝えして、ロケ地のことをお聞きしました。下田で撮った海岸のシーンを除いて、沼津で撮影されたそうで、舞台の高校も沼津ですが、廃校となった学校を使っていて、近々解体されるしまうようだ、とのことでした。親切にお話いただき、ありがとうございました。

帰りの電車の中で、早速マンガを駆け足で読みました。基本的には原作に忠実ですが、トークショーでお話があった部分のほかにも、志乃の通学が自転車じゃなくて徒歩だったとか、加代が志乃をバンドに誘うきっかけなど、細部は違うところがあって、興味深かったです。
映画の最後の方の文化祭で志乃が叫ぶシーン、迫るものを感じる一方で、現実には、バンドコンテストの最中に、あんなに長い時間、誰も止めに入らないなんてことはないだろうとちょっと引っかかっていて、原作でどうなのかとても気になったのですが、ほぼ同じでした。ただ、マンガでは特に違和感なく読めて、映画とマンガではやはり違いがあるのだなあと実感しました。

アップリンク渋谷での上映は、当初はこの日までの2週間の予定だったようですが、9/28(金)まで1週間延長されています。トークショーでは、まだオープンにできないが、他にも上映の話があることを匂わせるような発言もあったので、もう少し行きやすい映画館でも上映されるのを期待しています。

スシロー@ららぽーと柏の葉

ららぽーと柏の葉の店内にある「スシロー ららぽーと柏の葉店」で昼食。

f:id:Reiherbahnhof:20180819144410j:plain
お店はららぽーとの3階、アカチャンホンポの近くにあります。路面店というイメージですが、こうしたショッピングモールに出店するようになったのは競争を勝ち抜くための新たなチャレンジなのでしょうか。

f:id:Reiherbahnhof:20180819144530j:plain
11時の開店直前に行ったところ、既に結構な人が来ていて、待ち時間10分との表示。中央はお勧め?の天然ネタの一覧。

f:id:Reiherbahnhof:20180819144605j:plain
待合スペースから覗いた店内の様子。受付番号順に案内されていき、開店から5分ほどでテーブルに案内されました。

f:id:Reiherbahnhof:20180819144633j:plain
レーンと注文用のタッチパネル。

f:id:Reiherbahnhof:20180819144656j:plain

f:id:Reiherbahnhof:20180819144705j:plain
定番のマグロとサーモン。

f:id:Reiherbahnhof:20180819144731j:plain

f:id:Reiherbahnhof:20180819144740j:plain
炭焼きかつおたたきと漬け胡麻トロあじ。いずれも美味しかった。あじは100円回転寿司ではめったに食べませんが、予想以上の味。

f:id:Reiherbahnhof:20180819144849j:plain

f:id:Reiherbahnhof:20180819144857j:plain
まぐろ・びん長まぐろの合い盛りと江戸前風漬けまぐろ。これは普通。

f:id:Reiherbahnhof:20180819145108j:plain

f:id:Reiherbahnhof:20180819145116j:plain
はまちとかつお。はまちは少し身が硬めでしたが十分美味しかった。かつおは筋が多めだったのが残念でした。

f:id:Reiherbahnhof:20180819145137j:plain

f:id:Reiherbahnhof:20180819145143j:plain
本日の海鮮漬けとまぐろアボガド。いずれも良かった。

f:id:Reiherbahnhof:20180819145301j:plain
〆にあさりの味噌汁(180円)を食べてご馳走さま。

たまたまなのかもしれませんが、しばらく前にスシローの違うお店に一時期に比べると、全体的にネタの鮮度が良くなったように思いました。