鷺の停車場

クラシック音楽、旅行、日常のできごとなどを気ままに書いていきます

春雨の広島旅行(2)宮島と広島カープ

広島旅行の初日の続きです。
15時半過ぎに宮島口駅に着いて、宮島フェリーに乗り換えます。
時間が遅いからか、乗船客はまばらで外国の方ばかり。
雨は止んだものの、やはり視界は悪いまま。
f:id:Reiherbahnhof:20170511222522j:plain
潮も引き気味で個人的にはかなり残念。
その後の予定もあるので、足早に厳島神社を観光します。
行きとは売って変わって満杯のフェリーで戻り、17時20分頃に宮島口を出発、30分ほどで広島駅に着きます。
駅からは大勢の人の流れに乗って線路沿いにマツダスタジアムへ。
プロ野球は滅多に見ませんし、特にカープファンというわけでもないのですが、そうない機会なので、出発前にチケットを買っておいたのです。
途中軽食などを仕入れつつ、18時15分頃に到着。
1回はほぼ終わりそうでした。
指定席はとうに売切れで内野自由席だったのですが、既に赤い人達でほとんど埋まってます。
f:id:Reiherbahnhof:20170511222502j:plain
(これは7回表終了間近の様子。みんな風船を膨らませてます)
スタンド最上段近くですが、バックネット中央寄りに空席を見つけて座ります。
何より、ビジター応援ゾーン以外真赤に染まり、大人も子どもも揃って応援する光景に圧倒されます。
昼間に呉で戦争時の状況にあれこれ思いを巡らせたせいか、ふと、あの状況からここまでになったんだなあと目頭が熱くなります(って、ウチは何を考えてしもうとるんじゃ…)
試合はカープのペースでけっこう締まった展開。
とりわけ、9回表の声援、雰囲気は凄かった。ゾクゾクしました。
たまたま観に行った試合でこんな凄い雰囲気を体験できるなんて、幸せです。
試合終了後は、ホテル近くのお好み焼屋さんで夜食。
f:id:Reiherbahnhof:20170511223323j:plain
22時半ごろ平和記念公園近くのホテルにチェックイン。朝早かったこともあり、早々に寝ます。(つづく)

春雨の広島旅行(1)大和と「この世界」聖地巡礼

少し前ですが、4月に呉・広島に行ってきました。
忘却してしまう前に書き残してみようと思います。

金曜の朝、乗るのは新幹線の始発。
改札が5時半に開いたのでホームに行くと、もう列車は停車中。
さっそく乗り込みます。
6時ちょうどに東京駅を出発。
名古屋~京都あたりは本降りの雨。
広島は昼頃から回復する予報ですが、どうなることやら。

途中寝て時間をつぶしたりして、9時50分頃に広島着。

広島には20年以上前に一度日帰りで来たことがありますが、その時は青春18きっぷ普通列車から臨時夜行快速に乗り継ぎ、東京から18時間ほどの長旅…。4時間もかからずに着けるのはありがたい限りです。

10時発の呉線に乗り換え、10時半過ぎに呉駅に着きます。

まずは駅すぐの「くれ観光情報プラザ」に立ち寄り、気になった観光施設のパンフレットをもらいます。
この世界の片隅に」ロケ地マップも係員の方に聞くと、2種類ともいただけました。
天気は小雨模様。
まずは、ほぼ傘を差さずに行ける「大和ミュージアム」へ。

f:id:Reiherbahnhof:20170530212550j:plain

入館すると10分の1の大きな大和の模型が出迎えます。

呉がかつて海軍の一大拠点だったことは知ってましたが、その経緯や当時の状況なども詳しく説明されていて勉強になりました。

12時前にミュージアムを出ますが、まだわずかに雨。
予報通り回復することを期待してレンタサイクルを借ります。

まずは川沿いに北上し「カレーのマスター」で昼食。呉で展開中の海自カレーではなく普通のカツカレーを頂きましたが、美味しかったです。

昼食後、まず三ツ倉に。

f:id:Reiherbahnhof:20170511224557j:plain

その後は、本通り(国道185号線)を南下し、旧鎮守府などを経由して「歴史の見える丘」へ。
丘からは大和を建造したドックなどが見渡せますが、あいにくの天気で視界はかなり悪い。

f:id:Reiherbahnhof:20170511224621j:plain

すずさんが右手を失ったのはこのあたりなんだなあなどと思いをはせながら、しばし景色を眺めます。

その後病院の階段脇も通って駅前に戻り自転車を返却、14時15分ごろに呉駅を出発しました。(つづく)

最古のレクイエム(オケゲム)を聴く

f:id:Reiherbahnhof:20170510212437j:plain

オケゲム
「レクイエム(死者のためのミサ曲)」
「ミサ・プレスク・トランジ(ミサ・ミ・ミ)」
 ヒリアード・アンサンブル
(録音:1984年1月17~19日・ロンドン)

先に紹介したペルト「アルボス」でのヒリアード・アンサンブルの素晴らしさに惹かれ買ったCD。

現行盤はこちら。

The Hilliard Ensemble

The Hilliard Ensemble

 

 時代はずっと遡って15世紀、オケゲムのミサ曲。
ルネサンス期フランドル学派初期の代表格で、「レクイエム」は現存する数あるレクイエムで最古のポリフォニー・レクイエムとのこと。
ミサ曲2曲とも、オーケストラ伴奏などはなく、声楽のみのシンプルな編成。
当時もうパイプオルガンはあったはずですが、それすら使われていないのは、この時代のミサの様式なのか、オルガンがまだそこまで広くは普及してなかったのか、改めて考えるとちょっと不思議です。

レクイエムは、冒頭~オッフェルトリウムまでの5曲が作曲され、その先はグレゴリオ聖歌を歌う形になっています。
優しくいたわるような音楽。
劇的な展開とは無縁、透明な落ち着いた響きで、心を平穏に鎮めていきます。
ヒリアード・アンサンブルの演奏もとても精緻で、絶えず美しい純正律のハーモニーが響いていると言ってもいいくらい。

もう一曲の「ミサ・プレスク・トランジ」は、解説を見ると、レクイエムよりも有名な作品のようで、比較すれば、音楽のつくりがより自由になっているような印象です。

GW伊豆旅行(4)サイクルスポーツセンターから帰路へ

今週のお題ゴールデンウィーク2017」

翌日、8時半過ぎに宿を出発。
お宿、お風呂や食事はなかなか良かったのですが、いかにも古い国民宿舎という感じでちょっとがっかり。
さて、国道135号線を北上してサイクルスポーツセンターに向かいます。
途中、ところどころ渋滞する反対車線を横目に、比較的すんなり進んで9時半過ぎに到着。
まだ開園間もない時間、駐車場には無事入れたものの、入場券売場が大混雑で、ようやく中に入れたのは10時ごろ。
サイクルコースターはじめアトラクションは既にかなりの行列。
以前に7月の三連休に来た時とは大違いです。
混雑を避け、まずは5キロサーキットに行ってみます。
1時間620円で、この日はコースが4キロに短縮とのこと。
若い頃に一時期乗っていたことはあるものの、ドロップハンドルのロードレーサーはかなり久しぶり。
慎重に練習コースで慣らしてから、本コースに出発します。
最初の上り坂の途中、本来のコースを外れ、左側半分に規制された連絡路でショートカット、本来のコースの下り坂の途中に出ます。
2回目の上り坂ぐらいで早々に体力の衰えを痛感、その後はゆっくり走り、20分ほどで一周します(時速12キロ…)。
時間がまだあるので、少し休んで2周目に突入。
すると、連絡路の右側半分に車が続々と。
コースのカット部分が臨時駐車場になっているようですが、GWの混雑ぶりを改めて実感。
2周目半ばになると、太腿がプルプルしてきます。
f:id:Reiherbahnhof:20170510220750j:plain
頑張れば上れなくはなさそうですが、後の筋肉痛の辛さを恐れ、所々降りて自転車を押して上ってようやくゴール。
夕方に用事が入ってしまったので、アトラクションはそこそこにとどめ、12時ごろに出発。
午後から早くも東名Uターン渋滞予想なので、国道135号線に戻り、行きと同じく小田原経由で帰ることにします。
12時半前、網代の「あじろ食堂」で昼食。
f:id:Reiherbahnhof:20170509221749j:plain
イカは好きなので、名物という「イカ丼」をいただきます。
13時過ぎに出発、ほぼ渋滞なく14時ごろ小田原、14時20分頃に厚木ICから東名道へ。
14時半ごろ、有名な大和トンネルの手前数百メートルのところでちょっと渋滞。
その後かなり渋滞したみたいなので、おそらく、渋滞の始まりかけだったようです。
その後は目立った渋滞はなく、14時45分過ぎに用賀から首都高、15時20分頃には三郷を通過し、無事帰ってくることができました。
改めてGWの混雑のすごさを実感した2日間でした。(終)

GW伊豆旅行(3)アニマルキングダム→バナナワニ園

今週のお題ゴールデンウィーク2017」

稲取港から10分ちょっと走り、11時過ぎ伊豆アニマルキングダムに到着。
1~2キロ手前、臨時駐車場への案内が出てましたが、ダメモトでひとまず行ってみると、直前に出た車があったのか入口近くの第一駐車場に停められました。
中はかなりの混雑。さすがGWです。
ウォーキングサファリなど一般の動物園より間近で動物が見られるのがいい。
f:id:Reiherbahnhof:20170509221344j:plain
予想以上に楽しめました。
お昼は、稲取港の水産祭りで買った「げんなり寿司」。
f:id:Reiherbahnhof:20170509221358j:plain
祝事にふるまわれる郷土料理で、大きくすぐお腹いっぱいになり「げんなり」するのが名前の由来とか。
f:id:Reiherbahnhof:20170509221409j:plain
中は押し寿司で、酢飯の上に金目鯛らしき甘めの紅白のおぼろが、中にも甘く炊いた人参が。
味はなかなかですが、確かにお腹いっぱいになります。
さらに園内を見て回って、15時過ぎに出発。
20分弱で熱川バナナワニ園に到着。
名前のとおり、たくさんの種類のワニとバナナなど温室で栽培する植物が見られます。
個人的に気に入ったのは水蓮の花と、日本ではここだけというアマゾンマナティ
マナティは殆どは水槽の下の方でじっとしています。
2~3分待ってると、呼吸で水面に上がってきますが、すぐにまた元の状態へ(^^;
f:id:Reiherbahnhof:20170509221423j:plain
17時前にバナナワニ園を出て、この日は近くの国民宿舎に泊まります。(つづく)

アルヴォ・ペルト「アルボス」 ARVO PÄRT/ARBOS

f:id:Reiherbahnhof:20170508220404j:plain

 〇アルヴォ・ペルト「アルボス」
1.アルボス「樹」[ 1977/1986]
2.私達はバビロンの河のほとりに座し、涙した[1976/1984]
3.パリ・インテルヴァロ(断続する平行)[1976]
4.デ・プロフンディス(深淵より)[1980]
5.何年もまえのことだった[1984]
6.スンマ[1978]
7.アルボス「樹」[1977/1986]
8.スターバト・マーテル[1985]

1・7:デニス・ラッセル・デイヴィス指揮シュトゥットガルト国立管弦楽団金管アンサンブル
2・4・6:ヒリアード・アンサンブル
2・3・4:クリストファー・バウアーズ=ブロードベント(Org)
4:アルバート・ボウエン(Perc
5:スーザン・ビックリー(Alt)
5・8:ギドン・クレーメル(Vn)、ヴラディミール・メンデルスゾーン(Va)
8:リン・ドーソン(Sop)、デイヴィッド・ジェイムズ(C.Ten)、ロジャーズ・カーヴィ=クランプ(Ten)、トーマス・デメンガ(Vc)
(録音 1~4・6・7:1986年3・8月ルードヴィヒスブルク、5・8:1987年1月ロンドン)

タブラ・ラサ」に続いて、アルヴォ・ペルトの作品集です。

この中で私が最も好きなのは8曲目の「スターバト・マーテル
ソプラノ、アルト(※)、テノールの声楽とヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの6人(6部?)という編成、シンプルなリズム・語法の積み重ね、雰囲気は中世の教会音楽のようでもありながら、心に深く染み入る、ある意味では非常に豊穣な音楽が生み出されることに、とても驚かされます。

※このCDではカウンターテノールで演奏されていますが、スコア(だいぶ前に好きが高じて衝動買いしました…)を見る限りでは、アルトと表記されています。
(スコアの1ページ目)

f:id:Reiherbahnhof:20170508231757j:plain

この曲も弦楽によるppの下降音型で始まり、次第に大きさを増してたところでfで声楽が入ってきます。(スコアの番号4)

ご覧のとおり、楽譜に拍子記号等の記載はないものの、冒頭しばらくの間は1小節が二分音符3個分になっています。
ただ、歌が動き出すと、フレーズに合わせ?1小節の長さは(二分音符の倍数で)自由に動きます。
二分音符の数で勘定すると、1個分、2個分、4個分、5個分…と小節により様々ですが、3、6、9個分の小節が多いので、全体的には、2分の3拍子が基調のように感じられます。

途中、3回、弦楽のみで奏する間奏的な部分が挟まりますが、(番号11・18・25)、シンプルな音型の積み重ねながら、回を重ねるたびにmp→f→ffと、また音型も激しくなって、音楽(歌)の高ぶりを導いていくところも見事です。

そして最後、声楽3人がユニゾンで「肉身は死して朽つるとも、霊魂には、天国の栄福をこうむらしめ給え」(和訳)と歌うと、弦楽の冒頭の下降音型が戻ってくるのですが、この部分は何度聞いても心打たれます。
その後は、コーダ的というと不適当かもしれませんが、声楽が順番に「アーメン」と歌う中で、全体が静まっていき、最後はpppの弦楽のラ・ド・ミの和音で終わります。
(なお、楽譜には、和音の後も、4小節半分の休符があります)

他の曲も、それぞれ編成・雰囲気は異なるものの、小さな音型の積み重ねから豊かな音楽が生まれるという点で、共通しています。

なお、現在、国内盤は廃盤になっているみたいですが、輸入盤なら入手可能なようです。

Arbos

Arbos

 

 

GW伊豆旅行(2)稲取港「水産祭り」

今週のお題ゴールデンウィーク2017」

稲取港での行列は、漁協主催の年に1度の水産祭り。
f:id:Reiherbahnhof:20170508000933j:plain
8時半から、新鮮な魚をはじめ海産物が格安で販売されるとのこと。
ざっと見た感じ既に4~50人並んでいます。
たまたま来た日に年に1度のイベントに出会うなんてなかなかありません。
興味津々で並んでみます。
並ぶこと50分ほどで水産祭りの始まり。
順に漁協のセリ場に設けられた会場に入場、各自お目当ての海産物を買っています。
10分ほど経ち、入場口で抽選券を頂き入場すると、一番手前のブースに生の金目鯛。
みんなの目当てはこれだったのかと、状況がよく掴めないまま買うと、その後数人で完売。
空いたブースには替わりに冷凍の金目鯛が並びますが、それも上物のようで、次々と売れていきます。
買い物はそのほかに海産物を何品か買って終了。

頂いた抽選券で参加できるくじ引きは10時半開始とのことなので、それを待つ間、当初の目的だった「港の朝市」にも行ってみました。
f:id:Reiherbahnhof:20170508212830j:plain
干物などの海産物以外に、果物、野菜、おにぎり、わさび、パンなど色々売っています。
所々にあるテーブルは、金目鯛の釜飯を食べる人で埋まっています。名物のようです。
金目鯛のあら汁が無料サービスでいただけます。
f:id:Reiherbahnhof:20170508212922j:plain
自分的には、100円で買った筍の惣菜(水煮?)がとても良かったです。

くじ引き(当たったのはミニ救急セット…)の後、11時前、次の目的地、伊豆アニマルキングダムに出発です。

なお、買った金目鯛は後日刺身や煮付けで頂きましたが、これまで食べたのとは比べものにならない美味しさでした!(つづく)