鷺の停車場

映画、グルメ、クラシック音楽、日常のできごとなどを気ままに書いていきます

すみっコぐらし5th Anniversary Cafe@池袋

すみっコぐらし展」を見た足で、同じく西武池袋本店で期間限定で営業しているアニバーサリーカフェでランチ。

f:id:Reiherbahnhof:20170725002021j:plain
10時から整理券配布とのことなので、実は百貨店の開店後すぐにカフェに向かったのですが、開店と同時に凄い数の人が来て結構な行列に。
結果、入手できたのは13:05以降入店の整理券でしたが、整理券の配布自体、10~20分で終了になってしまったようなので、昼食の時間帯の整理券を入手できただけでもかなり運が良かったと思います。

で、「すみっコぐらし展」を見た後に、指定の時間を見計らって再びカフェに行きます。
f:id:Reiherbahnhof:20170725002852j:plain
メニューはこんな感じ。メイン3種類とデザート、ドリンクと、あまり種類はありません。
f:id:Reiherbahnhof:20170725002934j:plain
店内はすみっコぐらしのキャラクターがいっぱい。所々椅子の上にもぬいぐるみが置いてあります。 
レジの脇にはカフェ限定グッズも売られています。
f:id:Reiherbahnhof:20170725002956j:plain
テーブルシートやコースターもキャラクター。5~6種類あるようでした。 
f:id:Reiherbahnhof:20170725003023j:plain
カレー。右と左のしろくまとぺんぎん?がライス、真ん中のとかげがマッシュポテトで、帽子はキュウリ、ニンジンの薄切りとハムを巻いたもの。カレーの中の星はパプリカです。 
f:id:Reiherbahnhof:20170725003039j:plain
こちらはチーズクリームパスタ。 ねこの顔はチーズです。
f:id:Reiherbahnhof:20170725003100j:plain
こちらはオムライス。えびふらいのしっぽはマッシュポテト。ケチャップライスの上にとんかつを模した薄焼き玉子?がかかっています。
味は普通にいただけます。ライスなどがちょっと冷め気味だったのは残念。もっと温かいといいのですが。

味より料理のビジュアルや店内の雰囲気を楽しむお店でしょうか。

まだオープン直後で混んでますが、8月末まで営業するそうなので、もう少し経つと入りやすくなるかもしれません。

すみっコぐらし展@池袋

西武池袋本店で開催されている「すみっコぐらし展」に行ってきました。
f:id:Reiherbahnhof:20170724235734j:plain
こういうキャラクターが展開されていること自体、つい最近まで知らなかったのですが、家族がいたく気に入っていて、それに付き合う形に。

会場に着いたのは10時半少し前、早々と入場制限がかかっていて、入場整理券を配っています。
貰った整理券の番号は250番台で、ちょっと時間がかかりそうと踏んで、館内の飲食店で軽食を取ってしばし時間をつぶし、11時過ぎに入場料500円を払って中へ。
f:id:Reiherbahnhof:20170725001223j:plain
入場すると早速展示の順路に沿って行列ができています。ざっと見て回るだけなら行列の後方から見ることも可能ですが、所々写真を撮るなら行列に従って進むのが無難かと思い、流れに沿って進みます。
f:id:Reiherbahnhof:20170725001245j:plain
入場してすぐのところに掲示されていた挨拶文。 
f:id:Reiherbahnhof:20170725001305j:plain
主要キャラクターのぬいぐるみが並んでお出迎え。多くの人が記念写真を撮っていきます。 
f:id:Reiherbahnhof:20170725001416j:plain
前半はこのような主要なキャラクターの紹介が続きます。
f:id:Reiherbahnhof:20170725001447j:plain
中の展示を全て紹介することはできませんが、こうしたすごろくもあったりします。 
f:id:Reiherbahnhof:20170725001521j:plain
途中には映像コーナーもありました。
f:id:Reiherbahnhof:20170725001602j:plain
映像コーナーの脇には↓映像に関連した展示も。 
f:id:Reiherbahnhof:20170725001630j:plain
その隣には写真撮影コーナー。 
f:id:Reiherbahnhof:20170725001711j:plain

f:id:Reiherbahnhof:20170725001738j:plain
写真では分かりにくいですが、スミッシーの右脇に立って記念撮影できるようになっています。 
f:id:Reiherbahnhof:20170725001802j:plain
その隣には映像の舞台のすみっ湖の紹介が。 
f:id:Reiherbahnhof:20170725001822j:plain
専用アプリをダウンロードして読み取ると音声ガイドが聞けるようになっていました。スタンプ(画像)もゲットでき、7箇所全部ゲットすると特典画像もゲットできますが、後でじっくり見ようと思っていたら、1時間経過するとクリアされる仕組みだったようで、じっくり見る前にクリアされてしまいました… 
f:id:Reiherbahnhof:20170725001849j:plain
撮影禁止でしたが原画などの展示もありました。 
f:id:Reiherbahnhof:20170725001915j:plain
最後も主要キャラクターのぬいぐるみがお見送り。 

その後のグッズショップもかなりの混雑で、人気ぶりが伺えます。こういう世界もあるんだなあと思うイベントでした。

 8/2(水)までだそうなので、興味ある方はお早めに。

「この世界の片隅に」映画館上映スケジュールまとめ(7/22~7/28)

来週も引き続き上映してくれる映画館の週末からの上映スケジュール一覧です。
呉ポポロシアターで7/28まで休映になりますが、高崎電気館、キネマ旬報シアター(柏)、高田世界館で(再)上映が始まります。

◯7/22(土)~7/28(金)
茨城県・土浦】土浦セントラルシネマズ
10:00/12:30(シネマ2:280席)
群馬県・高崎】高崎電気館
[土~水]10:30/13:00/15:30/19:00 [木]10:30/13:00/15:30(256席)※7/28~7/31休映、8/18上映終了予定
【千葉県・柏】キネマ旬報シアター
10:50(スクリーン1:160席)
【東京都・新宿】テアトル新宿
09:50(シアター1:218席)
新潟県・高田】高田世界館
[土~月/水~金]10:00(181席)※7/25休映、8/18上映終了予定
【愛知県・星ヶ丘三越映画劇場
10:30/13:30/16:30(68席)※7/28上映終了予定
京都府河原町立誠シネマプロジェクト
13:20(35席)※7/30上映終了予定
大阪府・梅田】テアトル梅田
20:25(シアター1:96席)
広島県・中区】八丁座壱・弐
15:30(八丁座弐:70席)
山口県・萩】萩ツインシネマ
12:00(スクリーン1:85席?)※8/18上映終了予定
徳島県・徳島】ufotable CINEMA
[土/日]16:50 [月/火/木/金]13:55 [水]18:00(シアター2:35席)※7/28上映終了予定
【福岡県・小倉】小倉昭和館
[土/水~金]10:00/14:30/18:50 [日月]10:00/14:30(昭和館1号館:270席)※7/25休映、8/4上映終了予定
沖縄県那覇桜坂劇場
[日~金]10:00(ホールC:85席)※7/22休映、8/18上映終了予定

各日ごとの集計は次のとおりで、1週間分の合計は、13館・延べ135回・22,045席(推定)になります。

・7/22土 12館・延べ20回・3,478席(推定)
・7/23日 13館・延べ20回・3,293席(推定)
・7/24月 13館・延べ20回・3,293席(推定)
・7/25火 11館・延べ17回・2,572席(推定)
・7/26水 13館・延べ21回・3,563席(推定)
・7/27木 13館・延べ20回・3,307席(推定)
・7/28金 12館・延べ17回・2,539席(推定)

今週は前週よりも少し上映回数が回復しました。次週はCINEMA Chupki TABATAで上映開始・呉ポポロシアターで上映再開です。さらに、その翌週はシアターキノ(札幌)、シネマ・トーラス(苫小牧)、チネ・ラヴィータ(仙台)、池袋シネマ・ロサ、上田映劇、静岡シネギャラリー、シネ・ヌーヴォ(大阪・九条)、シネ・リーブル神戸、塚口サンサン劇場、シネピピア(宝塚)、シネマ尾道、シネマルナティック(松山)、シアター・シエマ(佐賀)、日田リベルテで上映開始と、一気に上映館が増える予定です。
(注)基本的に、公式HPの劇場情報で紹介されている映画館について、更新時点でネット上で確認できた情報を基に記載していますが、誤認・誤記がある可能性もありますので、正しくはリンク先の公式サイトなどでご確認ください。
また、スクリーンが複数ある映画館での上映スクリーン番号や、各スクリーンの座席数が公式サイトに明示されていない場合には、便宜上、原則として各種情報サイトから確認できた座席数の中で一番少ない数を「?」を付けた上で記載しています。

KHUSHI@柏

またもインド料理店でランチ。

f:id:Reiherbahnhof:20170716132423j:plain

伺ったのは、柏駅から徒歩10分ほどの場所にあるKHUSHI(クウシ)。
駅前とはいいがたいちょっと不便な立地ですが、休日の昼、さすがに店内はほぼ満席です。

f:id:Reiherbahnhof:20170716132707j:plain

ランチメニューはこんな感じ。Dセット・Eセットのカレーは、3種ある本日のカレーの中から選ぶ方式。この日は、バターチキン、シーフード、パラクパニール(ほうれん草とカッテージチーズのカレー)の3種類。それぞれ、甘口、普通、少し辛め、辛口、激辛の5段階から辛さを選ぶことができます。主食はナンとライスから選べます。

私はEセットでシーフードとパラクパニールの少し辛めを、もう1人はDセットでバターチキンの普通を、いずれもナンで頼みます。

カレーを待っている間に、大根サラダとスープが出てきます。本来はカレーの前に食べておくものなのかもしれませんが、半分ほど、カレーの辛味のお口直し(中和用)にとっておきます。

f:id:Reiherbahnhof:20170716133827j:plain

Eセット。左側はパラクパニール、右側がシーフード。右端に半分写っているのは、最初に出てくるスープ。ナンに隠れていますが、一口大のライスと野菜も乗っています。
パラクパニールは、チーズの味はあまり感じませんが、麩のような食感でなかなかおもしろい。シーフードは、小エビ、イカ、アサリなど定番の具が入っていて、シーフードカレーにたまにある微小な臭みもなく、美味しくいただけました。

f:id:Reiherbahnhof:20170716134402j:plain

もう1人のバターチキン(右端にちょっと写っているのは、大根サラダの食べかけ…)。ナンを選んでも、この程度のライスが付いてきます。バターチキンカレーの左脇に添えてある野菜は、かなり辛めで、もう1人から無理矢理おすそ分けをいただき、2人分食べることに…。

この日のナンは薄めで、もう少し厚みがある方が個人的には好みですが、悪くない味。1枚お代わりしてもう1人と分けていただきました。

ツール・ド・フランス

先週から、NHK-BSで深夜に放映しているDailyツール・ド・フランスを録画して視ています。
まだ少年?の頃、1980年代半ばに初めてNHKで放映した、確か当時は毎日ではなく総集編的な番組だったように思いますが、その番組で見たツール・ド・フランス(フランス一周レース)で強い印象を受けたのを覚えています。
その当時、雑誌「サイクルスポーツ」(八重洲出版)を読んでいて、レース終了直後に載るジロ・デ・イタリア(イタリア一周レース)やツール・ド・フランスの特集記事も読んでいましたが、実際に映像で見ると、平地はもちろん山道でもスピードが想像していたのと全然違って強烈でした。
その時は、ベルナール・イノーの全盛期の終わりごろ、グレッグ・レモンが台頭してきた時期(確か共にラ・ヴィ・クレールとかいうチーム)でしたが、その2人もさることながら、カフェ・ド・コロンビア(事実上のナショナルチーム?)のエースで山岳賞を獲得したルイス・ヘレラ(今はエレラと言うみたいですが)の走りは惹かれるものがありました。
大人になってからも時折テレビで見ることはありましたが、じっくり見るのは久しぶり。小さい頃の熱狂を思い出して新鮮な気持ちになります。
今年はドイツのデュッセルドルフで開幕、ベルギー、ルクセンブルクを経由してフランス入り。序盤の5日目で早々と昨年王者のフルームが首位に立ちましたが、ピレネーやアルプスの本格的な山岳コースはこれからなので、スリリングな展開になると面白いのですが。

「この世界の片隅に」映画館上映スケジュールまとめ(7/15~7/21)

来週も引き続き上映してくれる映画館の週末からの上映スケジュール一覧です。
ユナイテッド・シネマ春日部、イオンシネマ幕張新都心イオンシネマ常滑、蒲田宝塚で上映終了となりましたが、小倉昭和館で再上映が始まります。

◯7/15(土)~7/21(金)
茨城県・土浦】土浦セントラルシネマズ
10:00/12:30(シネマ2:280席)
【東京都・新宿】テアトル新宿
[土]09:00[日~金]09:50(シアター1:218席)
【愛知県・星ヶ丘三越映画劇場
10:30/13:30/16:30(68席)※7/28上映終了予定
京都府河原町立誠シネマプロジェクト
10:35(35席)※7/30上映終了予定
大阪府・梅田】テアトル梅田
20:35(シアター2:60席)
広島県・中区】八丁座壱・弐
19:15(八丁座壱:167席)
広島県・呉】呉ポポロシアター
[土~木]14:50/17:10(スクリーン2:150席?)※7/21~28休映
山口県・萩】萩ツインシネマ
12:00(スクリーン1:85席?)※8/18上映終了予定
徳島県・徳島】ufotable CINEMA
[土~月]18:35(シアター2:35席) [火~金]17:50(シアター1:100席)
【福岡県・小倉】小倉昭和館
[土水~金]10:00/14:30/18:50 [日月]10:00/14:30(昭和館1号館:270席)※7/18休映
沖縄県那覇桜坂劇場
10:00(ホールC:85席)

各日ごとの集計は次のとおりで、1週間分の合計は、11館・延べ112回・16,775席(推定)になります。

・7/15 11館・延べ17回・2,595席(推定)
・7/16 11館・延べ16回・2,325席(推定)
・7/17 11館・延べ16回・2,325席(推定)
・7/18 10館・延べ14回・1,850席(推定)
・7/19 11館・延べ17回・2,660席(推定)
・7/20 11館・延べ17回・2,660席(推定)
・7/21 10館・延べ15回・2,360席(推定)

今週は前週よりも2~3割上映が減る勘定になりますが、次週は高崎電気館、キネマ旬報シアター(柏)、高田世界館で、その翌週はCINEMA Chupki TABATAで始まりますので、上映館数は再び増加する見込みです。
(注)基本的に、公式HPの劇場情報で紹介されている映画館について、更新時点でネット上で確認できた情報を基に記載していますが、誤認・誤記がある可能性もありますので、正しくはリンク先の公式サイトなどでご確認ください。
また、スクリーンが複数ある映画館での上映スクリーン番号や、各スクリーンの座席数が公式サイトに明示されていない場合には、便宜上、原則として各種情報サイトから確認できた座席数の中で一番少ない数を「?」を付けた上で記載しています。

ムンバイ@柏

インド料理ムンバイ柏モディ店に行きました。
かつてマルイの新館だったところがMODIにリニューアルしてオープンしたお店。

f:id:Reiherbahnhof:20170625113522j:plain

週末のお昼時でしたが席に余裕があり、すんなり入店できました。
ランチメニューはこんな感じ。

f:id:Reiherbahnhof:20170625113553j:plain

f:id:Reiherbahnhof:20170625113614j:plain

私は2種のカレーセット800円(税込)。中辛のキーマと日替りほうれん草(この日はほうれん草と豆のカレー)をセレクト。
もう1人は1種のカレーセット750円(同)甘口のバターチキン。
 いずれも、ナンorライスはお代わり自由です。

f:id:Reiherbahnhof:20170625113629j:plain

中辛なので、本場の辛さに比べれば控えめの辛さなのでしょう、ほど良い辛さで、カレーもナンも胃がもたれるようなこってりさもなく、美味しくいただきます。
甘口の方もちょっと食べてみました。甘口のカレーというと、お店によっては、もとはちょっと辛いカレーに甘味を加えたいかにもお子様向けみたいな味の場合もありますが、そのように甘味が先に立つ感じではなく、もとの辛味が少なめな感じなので、辛味が苦手な大人の方も食べやすいと思います。もう1人も、この甘口はけっこう好みに合ったようです。
2人とも食が進み、ナンを1枚お代わりして半分ずつ分けて完食

個人的には、これまでいろいろ行ったインド料理店の中でもけっこういい感じの方のお店でした。