鷺の停車場

クラシック音楽、旅行、日常のできごとなどを気ままに書いていきます

枝豆収穫体験

休日、子どもと一緒に枝豆収穫を体験してきました。

f:id:Reiherbahnhof:20170702201947j:plain

まずは道の駅に集合し、マイクロバスで現地に向かいます。

f:id:Reiherbahnhof:20170702201911j:plain

20分ほどで収穫体験の農場に到着です。

f:id:Reiherbahnhof:20170702202113j:plain

ビニールハウス内の受付で料金を支払います。

f:id:Reiherbahnhof:20170702202208j:plain

体験料金は、入園料500円+1区画2,000円で2,500円。

f:id:Reiherbahnhof:20170702202325j:plain

収穫の際に使うハサミ。

f:id:Reiherbahnhof:20170702202357j:plain

収穫体験の会場の畑。ビニールのかかっていない左側の区画で収穫します。
手前は収穫された後の枝豆畑、右側のビニールのかかっている畑にも枝豆が植えられています。

1区画は1m四方で、下に敷かれたビニールに穴が12個前後開いていて、1つの穴に2本枝豆が植わっています。それを引き抜き、先ほどのハサミで根元の土の付いた部分をカットしてカゴに入れていきます。

f:id:Reiherbahnhof:20170702202620j:plain

収穫の様子。
畑から枝豆を引き抜くのはさほど大変ではなく、10分ちょっと終わりました。

f:id:Reiherbahnhof:20170702203011j:plain

収穫した枝豆です。この後、茎から枝豆の部分を引っ張って切り離し、ビニール袋に入れていきます。こっちの方が時間がかかって、2~30分かけて仕分け作業を終えます。

f:id:Reiherbahnhof:20170702203152j:plain

仕分けた後の枝豆。写真ではよくわからないですが、これで普通のザルの3~4個分あります。

f:id:Reiherbahnhof:20170702203424j:plain

帰りのマイクロバスを待つ間、ゆでた枝豆やジャガイモ、とうもろこしなどの試食もさせていただきました。

持ち帰った枝豆も早速ゆでて、美味しくいただきました。普通にスーパーで買った枝豆よりも全然美味しい。やっぱり採れたては美味しいんだ、と実感しました。