鷺の停車場

クラシック音楽、旅行、日常のできごとなどを気ままに書いていきます

ツール・ド・フランス

先週から、NHK-BSで深夜に放映しているDailyツール・ド・フランスを録画して視ています。
まだ少年?の頃、1980年代半ばに初めてNHKで放映した、確か当時は毎日ではなく総集編的な番組だったように思いますが、その番組で見たツール・ド・フランス(フランス一周レース)で強い印象を受けたのを覚えています。
その当時、雑誌「サイクルスポーツ」(八重洲出版)を読んでいて、レース終了直後に載るジロ・デ・イタリア(イタリア一周レース)やツール・ド・フランスの特集記事も読んでいましたが、実際に映像で見ると、平地はもちろん山道でもスピードが想像していたのと全然違って強烈でした。
その時は、ベルナール・イノーの全盛期の終わりごろ、グレッグ・レモンが台頭してきた時期(確か共にラ・ヴィ・クレールとかいうチーム)でしたが、その2人もさることながら、カフェ・ド・コロンビア(事実上のナショナルチーム?)のエースで山岳賞を獲得したルイス・ヘレラ(今はエレラと言うみたいですが)の走りは惹かれるものがありました。
大人になってからも時折テレビで見ることはありましたが、じっくり見るのは久しぶり。小さい頃の熱狂を思い出して新鮮な気持ちになります。
今年はドイツのデュッセルドルフで開幕、ベルギー、ルクセンブルクを経由してフランス入り。序盤の5日目で早々と昨年王者のフルームが首位に立ちましたが、ピレネーやアルプスの本格的な山岳コースはこれからなので、スリリングな展開になると面白いのですが。