鷺の停車場

映画、グルメ、クラシック音楽、日常のできごとなどを気ままに書いていきます

鼎泰豐@おおたかの森

流山おおたかの森ショッピングセンターにある点心料理店の鼎泰豐(ディンタイフォン)でランチ。
今年のGWごろにオープンしたお店。
台湾の小籠包の有名店、日本国内でも10数店展開しているようですが、千葉エリアでは初出店とのこと。
f:id:Reiherbahnhof:20170813220447j:plain
通路と店内を隔てる壁はなく、オープンカフェのような、ちょっとお洒落なつくり。
昼食としてはやや遅めの13時半前に伺いましたが、まだ約10組・30分待ちとの表示。
周囲のレストランは、入口で名前を書いて、店頭の椅子に座って待つスタイルが多いですが、このお店は、整理券をもらって、順番に呼び出すスタイル。店頭には、その時点の呼出番号などを表示するディスプレイも設けられています。
整理券をもらって、しばし他のお店で時間をつぶしていると、整理券をもらっても待ちきれず他の店に流れるお客さんもいるのか、20分ほどで順番が回ってきました。

席に座ると、ポット入りの温かいジャスミン茶が出てきます。
f:id:Reiherbahnhof:20170813221458j:plain
注文したのは、担々麺と小籠包、もう1人は豚肉入りチャーハン。
まずは小籠包がでてきました。
f:id:Reiherbahnhof:20170813221534j:plain
テーブルに小籠包の食べ方を書いた表示もあり、それに従って備付けの小籠包のタレなどをつけて食べます。肉汁?がじわっと出てきて美味しい。
食べ終わる頃に、それぞれメイン料理が到着。
f:id:Reiherbahnhof:20170813221618j:plain

f:id:Reiherbahnhof:20170813221640j:plain
見た目、街中の一般的な中華料理店よりも量は若干少なめな感じです。
味も、まろやかでちょっと上品なように感じられます。店内の雰囲気のせいもあるのかも。
値段は高めなので、普段使いする感じではありませんが、たまにちょっとリッチな気分で味わうには手軽なお店かも。