鷺の停車場

映画、グルメ、クラシック音楽、日常のできごとなどを気ままに書いていきます

夏の名古屋旅行(2)ナゴヤドームで野球観戦

ナガシマスパーランドから名古屋駅に戻り、16時半過ぎ、市営地下鉄東山線伏見駅から徒歩数分の「ドーミーインPREMIUM名古屋栄」にチェックイン。
本来はツインが良かったのですが、値段との兼ね合いで、この日はダブルルームのプラン。
部屋はこんな感じ。
f:id:Reiherbahnhof:20170817221938j:plain
ちょっとひと休みした後、栄駅から市営地下鉄名城線に乗ってナゴヤドームへ。
ナゴヤドーム前矢田駅」で降りると、出口までの地下道にはドラゴンズの看板(展示?)がびっしり。
f:id:Reiherbahnhof:20170817222141j:plain
地上2階の連絡通路をちょっと歩いて行くと、左手にドームが見えてきます。
f:id:Reiherbahnhof:20170817222226j:plain
連絡通路の右手にはイオンモールがありますが、店内入口にはドームへの飲食物の持込みは禁止との注意書きがあったので、買出しはせずにドームに入りました。

あらかじめ買っていたチケットはパノラマ(5階)の内野3塁側。実際の位置はレフトの真横くらいですが、5階の最前列で比較的見やすい位置。
f:id:Reiherbahnhof:20170817222255j:plain
球場内をひととおり見渡してみると、結構空席が目立ちます。外野席の応援ゾーンはかなり埋まってますが、内野席は上の写真のとおり、半分埋まっているかどうかという感じ。公式発表の入場者数は29,000人ちょっとでしたが、ドームの観客席数は4万弱なので、明らかにそんなには入ってないと思われます。入場者数は有料販売枚数と無料配布分のうち実来場者数の合計でカウントするらしいので、年間シート購入者など、チケットを買って来場しなかった人が相当数いたのではないでしょうか。

球場内のお店がさほど混んでないのはありがたいですが、夏休みのお盆近くの時期にしては寂しい。低迷している今年のドラゴンズの成績が大きく影響しているのかもしれません。3塁側は対戦相手のカープの赤いユニフォームを着た人が大部分で、私の回りもほとんどがカープファンらしい人でした。
f:id:Reiherbahnhof:20170817222346j:plain
ということで球場内のお店で軽食やら飲み物を仕入れて見始めます。空調がそこそこきいていてこの時期でも快適に観戦できるのは、ドームならではの長所ですね。
試合は、序盤は両先発が安定せず、1時間経ってやっと2回が終わる緩慢なペースでしたが、次第に落ち着いていく中、リードを許していたドラゴンズが1点ずつ追い上げて同点に追い付き、緊迫する展開になっていきました。ゲームセット後の混雑を避けようと、21時半ごろ、9回表が終了したところで出ましたが、その直後?ドラゴンズがサヨナラ勝ちを収めたようです。

再び市営地下鉄で栄駅に戻り、少し歩いたところにある居酒屋「伍味酉本店」で夜食。
f:id:Reiherbahnhof:20170817222434j:plain
いろいろ気になるメニューもありましたが、時間も遅く、球場でもある程度食べたので、食べ物は軽めに。
f:id:Reiherbahnhof:20170817222458j:plain
どて味噌煮込み(600円)。甘めの赤味噌は名古屋ならではの味なんですね。奥右側は長芋のわさび漬け(580円)。これもいい感じでした。
f:id:Reiherbahnhof:20170817222516j:plain
まだか刺身(680円)。スズキのちょっと小さめのものをマダカというようです。コリコリした食感がなかなか良かった。

ほどほどの時間で切り上げてホテルに戻ると、朝早かったためか、すぐに寝てしまいました。(続く)