鷺の停車場

映画、グルメ、クラシック音楽、日常のできごとなどを気ままに書いていきます

GW那須旅行(1)那須どうぶつ王国

今週のお題ゴールデンウィーク2018」

GWに家族旅行で那須に行ってきました。

激しい渋滞にはまるのは避けたいと、早朝5時に出発しました。順調に行くと到着が早すぎるのですが、そこは途中の朝食などで調整することに。

5時20分過ぎには三郷JCTから外環道に入り、5時半過ぎには東北道へ。その後も目立った渋滞はなく、7時20分ごろには那須高原SAに到着。

f:id:Reiherbahnhof:20180502150020j:plain
スマートICを出て裏手の外来用駐車場に停車し、SAでのんびり目に朝食を採った後、8時過ぎに出発、8時25分ごろには最初の目的地「那須どうぶつ王国」に到着しました。

この日は8時前から昼ごろまで、久喜ICや羽生PAなど埼玉県内で合わせて20km以上の渋滞が続いたようなので、結果的には良い判断でした。

f:id:Reiherbahnhof:20180502150058j:plain
どうぶつ王国は9時開園ですが、既に第1駐車場はほぼ満車になっていて、チケットを買う人の行列ができていました。

f:id:Reiherbahnhof:20180502150808j:plain
5分ほど前にオープン、まずはペットと一緒に遊べる奥の王国ファームエリアに向かいます。ワンちゃん連れ専用の連絡バスもありますが、運行は9時45分からだそうなので、犬を連れて自然道を歩きます。

f:id:Reiherbahnhof:20180502150139j:plain
10分ほどでファームエリアに到着。普通の連絡バスもまだ動いていないようで、一番乗りでした。

f:id:Reiherbahnhof:20180502150202j:plain

f:id:Reiherbahnhof:20180502150218j:plain
子どもたちが遊んでいる間、ドッグランで犬を放ってみますが、活動的ではない我が家の犬はじっとお座りすることが多く、ほとんど走ることはありません。

f:id:Reiherbahnhof:20180502150252j:plain
子どもたちの希望で釣り堀に行ってみます。

f:id:Reiherbahnhof:20180502150315j:plain
岩魚の釣り堀で1人500円、2匹目以降は1匹500円の追加料金となります。

f:id:Reiherbahnhof:20180502150337j:plain
釣った魚は受付で岩魚or鮎の塩焼きと交換します。一から焼くと30分くらいかかるのでこのようなシステムにしているそう。

f:id:Reiherbahnhof:20180502150357j:plain
塩焼きと持って来たおにぎりなどで昼食は軽めに済ませます。 

f:id:Reiherbahnhof:20180502150414j:plain
昼食後、再び子どもたちが遊んでいる間にドッグランへ。我が家の犬も少し慣れたのか、他の犬と遊ぼうとする姿も時折見られました。 

最後にちょっとだけ、交替で犬を見ながらタウンエリアの展示を見てみました。

f:id:Reiherbahnhof:20180502150432j:plain
タウンエリアは結構な混雑です。 

f:id:Reiherbahnhof:20180502150454j:plain
まずは「熱帯の森」 

f:id:Reiherbahnhof:20180502150520j:plain
館内はかなりの人混み。熱帯の鳥や小動物のほか、ナマケモノもいました。

f:id:Reiherbahnhof:20180502150541j:plain
熱帯の鳥たち。 

f:id:Reiherbahnhof:20180502150601j:plain
続いてその隣のウェットランド。 

f:id:Reiherbahnhof:20180502150632j:plain
こちらは亜熱帯の湿地を再現した施設のようで、フラミンゴ、アメリカバク、アカカワイノシシなどのほか、ジャガーもいましたが、写真はうまく撮れませんでした。

14時半ごろに切り上げて、ホテルに向かいました。(つづく