鷺の停車場

映画、グルメ、クラシック音楽、日常のできごとなどを気ままに書いていきます

「映画けいおん!」

映画けいおん!」(2011)をDVDを借りて観ました。

f:id:Reiherbahnhof:20180625230149j:plain

映画けいおん!Newプライス版Blu-ray

映画けいおん!Newプライス版Blu-ray

 

山田尚子監督の長編映画としては最初の作品で、制作は京都アニメーション。「聲の形」や「リズと青い鳥」が良かったので、その前の作品も観てみようと思った次第。

大まかなあらすじです。

大学も決まり、卒業を控えるだけとなった軽音楽部の3年生の唯(ギター)、澪(ベース)、律(ドラム)、紬(キーボード)。しっかり者の2年生の梓(ギター)も連れて、ロンドンに3泊5日の卒業旅行に行くことになる。一方、3年生たちは、梓にプレゼントとして曲を贈ろうと考えていた。
ロンドンに着いた5人だが、英語のコミュニケーションが十分にとれず、食事をとろうと入った(高級な)回転寿司店で、開店祝いで演奏することになっていた別のバンドと勘違いされ、店内で半被を着て生演奏を披露することになるが、拍手喝采を浴びる。
2日目にロンドン市内を観光した5人。3日目、楽器店などを回る中、唯は梓に贈る曲のことを考えるが、いいアイデアが浮かばない。そんな中、唯たちがロンドンに来ていることを知ったライブハウスのマネージャーを務める川上先輩から国際電話があり、翌日に現地で開かれる日本のポップカルチャーを紹介するイベントへの出演を依頼され、演奏することを決める。
帰国の日の午後に開かれたイベント、5人のバンド「放課後ティータイム」は会場の野外ステージで演奏する。最後に「ごはんはおかず」を演奏し、喝采を浴びるが、飛行機の時間はギリギリ。タクシーで空港に向かう。
帰国した5人は、顧問の協力もあり、最後の思い出に、朝の教室でライブを開く。ライブを終えた3年生の4人は、梓に贈る曲を相談し、梓に内緒で練習に励む。卒業式を終えた4人は、部室で梓に曲を披露し、感激した梓は拍手を贈る。(ここまで)

バンドに打ち込んできた女子高生の卒業を前にしたちょっと甘酸っぱいけど爽やかな青春物語を、ユーモアを交えつつ描いた作品。伏線が張られている印象もなく(気付かなかっただけかもしれませんが)、ストーリーをストレートに描いているのは、こういう作品には合っていると思いました。

テレビアニメ版の総集編ではなく、テレビアニメ版では描かれていない後日談という位置づけですが、予想はしていたものの、人物設定や、途中出てくるバイプレーヤーとの関係など、映画ではあまり説明されないので、やはりテレビアニメ版を視た人向けの映画なんだなあと思いました。
初見でも付いていける内容だと、映画で初めて観てテレビアニメ版を視たいと思う人も出てくるように思うのですが・・・