鷺の停車場

映画、グルメ、クラシック音楽、日常のできごとなどを気ままに書いていきます

深澤ラーメン(再訪)@柏

先日、柏の「知味笑龍 深澤ラーメン」でお昼。

f:id:Reiherbahnhof:20180708140224j:plain
11時半開店のこのお店、11時50分ほどにお伺いしたら、既に満席で、2~30分ほど待って最初のお客さんが出たところで、入ることができました。 

f:id:Reiherbahnhof:20180708140311j:plain
瓶ビールを頼んだら、サービスでアテを出してくれました。

f:id:Reiherbahnhof:20180708140326j:plain
深澤ラーメン(700円)+麺大盛り(110円)。この醤油ラーメンの味は、昔ながらのラーメンの味とはまた違いますが、まろやかな中に深みもあって、どことなく懐かしさを感じる中華料理屋さんならではのラーメンの味。

f:id:Reiherbahnhof:20180708140337j:plain
あんかけタンメン塩(1,000円)。タンメンというより、五目ラーメンといった方がイメージに近いです。上品な塩ラーメンの味のベースに、あんかけでまとめられた野菜、いか、えびなどが入っています。滅多に入れないのですが、途中で胡椒を少々かけると、味わいがまた変わって楽しめました。

f:id:Reiherbahnhof:20180708140347j:plainチャーハン大盛り(980円)。それほど油っぽさを感じさせずに、パラっと仕上げているのはさすがです。

f:id:Reiherbahnhof:20180708140257j:plain
ところで、お店は9/25で閉店するとの案内が店頭に掲示されていました(店内のメニューにも同内容の案内がありました)。これだけのレベルのお料理を出しているお店がなくなってしまうのは残念です。閉店まであと2か月ほど、また機会あれば行ってみたいと思います。