鷺の停車場

映画、グルメ、クラシック音楽、日常のできごとなどを気ままに書いていきます

夏のみなかみ旅行(1)たくみの里

夏休みにペットの犬を連れて家族でみなかみに行ってきました。

我が家では毎度のことなのですが、渋滞を避けるため早朝5時頃に出発。5時20分頃には三郷JCTから外環道に入り、5時40分頃には大泉JCTから関越道へ。
しかし、お盆近くの時期、坂戸西スマートIC付近を先頭に早速10kmくらいの渋滞ができています。20~30分ほどで渋滞を抜けた後も、車が多くところどころスピードが落ちる場所もあって、ようやく藤岡JCTを通過したのは7時前。そこから前橋ICまでは快調でしたが、その後も駒寄PA付近でちょっと渋滞していたのをはじめ、大渋滞の一歩手前という感じの混雑。

途中トイレ休憩に赤城高原SAに立ち寄ろうと思いましたが、SAに入る車が入口手前から渋滞しているのを見て断念、7時40分頃に月夜野ICに到着、国道17号猿ヶ京温泉三国峠方面に向かいます。

f:id:Reiherbahnhof:20180814100503j:plain
月夜野ICを降りて最初にあったコンビニの「セブンイレブン月夜野下津店」で、トイレ休憩がてらちょっとお買い物。

8時15分ごろ、最初の目的地の「たくみの里」に到着。

f:id:Reiherbahnhof:20180814144355j:plain
道の駅を中心に、様々な体験ができるお店がいくつも集まっています。

f:id:Reiherbahnhof:20180814100534j:plain
お店によりますが、早いお店も9時からのオープンなので、どのお店の体験メニューに行くかも考えながら、犬の散歩も兼ねて30分ほど街並みをしばし散策。

f:id:Reiherbahnhof:20180814100548j:plain

f:id:Reiherbahnhof:20180814100600j:plain
まず入ってみたのが、庄屋通りをちょっと入ったところにある「キャンドルの家」。

f:id:Reiherbahnhof:20180814100616j:plain
ジェルキャンドル作り。容器の大きさによって値段が変わりますが、子どもたちが最も小さい1,250円のものにチャレンジ。

f:id:Reiherbahnhof:20180814102156j:plain
容器に色の付いた砂を自由に入れていきます。お店の方が仕上げにジェルを入れてキャンドルにしてくれます。ジェルが固まった30~40分後にお店に引き取りに行く方式です。

f:id:Reiherbahnhof:20180814100627j:plain
でき上ったキャンドル。キャンドル作りをしていた時は我が家だけでしたが、1時間ほど後に引き取りに行った時にはすでに店内は満杯になっていました。

f:id:Reiherbahnhof:20180814100705j:plain
次に来たのは「香りの家」。

f:id:Reiherbahnhof:20180814100716j:plain
こんにゃく作り体験。1セット(3人まで)3,000円で、800g×3人分のこんにゃくを作り、持ち帰ることができます。

f:id:Reiherbahnhof:20180814100735j:plain
まず、こんにゃくいもにお湯を入れてミキサーで攪拌します。

f:id:Reiherbahnhof:20180814100746j:plain

f:id:Reiherbahnhof:20180814100759j:plain
こんにゃくいもをボウルにあけ、凝固剤の炭酸カルシウムを溶かした水を少々加え、全体を混ぜ合わせていきます。

f:id:Reiherbahnhof:20180814100808j:plain
練り上がったところ。色もこんにゃくらしい色合いになってきました。これを小分けにして自由に形を整えます。

f:id:Reiherbahnhof:20180814100819j:plain
形を整えたこんにゃくを鍋に投入します。煮て冷めるまで1時間ほどかかるそうです。

f:id:Reiherbahnhof:20180814100829j:plain
1時間ほど経って、でき上ったこんにゃくを受け取りました。これで1人前800gとなります。帰宅後、刺身こんにゃくにして食べてみましたが、こんにゃく特有の臭みもなく、スーパーなどで普通に売っている刺身こんにゃくよりも断然美味しかった。

f:id:Reiherbahnhof:20180814100843j:plain
この日の朝に豊楽館で11時からそば打ちを予約したのですが、もう少し時間があるので、宿場通りを少し先まで歩いてみます

 

f:id:Reiherbahnhof:20180814100855j:plain
和紙の家に入ってみました。

f:id:Reiherbahnhof:20180814100905j:plain
紙すき・造形和紙体験(1,200円+送料)に子どもたちがチャレンジ。写真のように、自分で漉いたハンカチ大の和紙の上に、紅葉などを散らして造形和紙を作ります。でき上がった和紙は後日自宅まで郵送してもらいます。

f:id:Reiherbahnhof:20180814100918j:plain
道の駅の総合案内所の豊楽館に戻り、予約していたそば打ち体験。2人2,000円で3人以上は1人1,000円プラスとなります。

f:id:Reiherbahnhof:20180814100930j:plain
そば打ちの様子。

f:id:Reiherbahnhof:20180814100945j:plain
作ったそばは隣の食堂で茹でてもらいます。写真は野菜天ぷら320円を追加したもの。子どもが切ったそばは極太でしたが、もちもちしてこれはこれで美味しかった。

昼食後、12時過ぎにたくみの里を出て、午後の目的地の谷川温泉に向かいました。(つづく