鷺の停車場

映画、グルメ、クラシック音楽、日常のできごとなどを気ままに書いていきます

夏のみなかみ旅行(2)犬とラフティング

つづき)12時過ぎにたくみの里を出て、国道17号→国道291号を通って水上方面に向かい、12時45分ごろに次の目的地に到着。

f:id:Reiherbahnhof:20180814103031j:plain
やって来たのは、ペンション「薔薇の詩」。

www.baranouta.com

ペットと泊まれるペンションですが、犬と一緒に楽しめるラフティングが宿泊者でなくても日帰りでも楽しめるとのことで、あらかじめ予約していました。カヌーであれば犬と一緒でできるお店も多いのですが、犬と一緒にラフティングができるのは、ネットで検索した範囲では、ここくらいのようです。
料金は税込みで、大人12,960円(3名以上は1,080円、4名以上は2,160円引き)+日帰り料金1,080円、犬は小型犬の場合で1,404円です。

f:id:Reiherbahnhof:20180814103058j:plain
左端のバンに乗って、道の駅「水紀行館」の近くまで移動します。屋根の上に積んであるのが、ラフティングに使うボートです。

f:id:Reiherbahnhof:20180814134536j:plain
犬もライフジャケットを着て、いざ出発。

f:id:Reiherbahnhof:20180814103117j:plain

f:id:Reiherbahnhof:20180814103143j:plain
スタッフが撮影してくれたラフティング中の様子。この日は水量がかなり少なめで、ボートが引っかかってしまう場所も多く、ガイドの人は大変そうでした。

f:id:Reiherbahnhof:20180814103204j:plain
我が家の犬は、泳ぎ自体初体験。ちょっと戸惑い気味でしたが、それなりに楽しそうな様子で何よりでした。
ペンションに戻って、軽くシャワーを浴び、16時40分ごろに出発、この日の宿に向かいました。(つづく)