鷺の停車場

映画、グルメ、クラシック音楽、日常のできごとなどを気ままに書いていきます

映画「風の谷のナウシカ」

日本テレビの「金曜ロードショー」で、宮崎駿監督の「風の谷のナウシカ」を観ました。

風の谷のナウシカ [Blu-ray]

風の谷のナウシカ [Blu-ray]

 

以前のノーカット放映時に録画して何度も観ている作品、もともと観ようと思っていたわけではないのですが、たまたまテレビを見ていたら始まって、ついつい観てしまいました。結果、2019年の初映画鑑賞になりました。

改めて調べてみると、1984年3月11日公開と、ほぼ35年前の作品なのですね。
昨年はスクリーンでアニメ映画をいくつも観たので、それと比べると、描写の緻密さなど違いを感じる部分も確かにありますが、古さは感じません。おそらくこの時代はほぼ全て手描きだったのでしょうし、(アニメの技術的なことはあまり分かりませんが)その後の画像処理技術の進化を考えると、すごいなあという感想。

あらすじを自然との共生の必要性、戦争の非生産性というテーマが根底に流れる中で、主人公ナウシカの自己犠牲の美しさに心を打たれます。自らの身を投げうって訴え、その人間性の素晴らしさが周りの人を動かしていく展開は、予定調和的だよなあと頭の片隅で思いつつ、最後のクライマックスに近づくにつれ、やはり涙するシーンがいくつもあって、じーんとする終わり方。何度も繰り返し放映されるのも納得です。