鷺の停車場

映画、本、グルメ、クラシック音楽、日常のできごとなどを気ままに書いています

河野裕「きみの世界に、青が鳴る」

河野裕さんの小説「きみの世界に、青が鳴る」を読みました。 きみの世界に、青が鳴る (新潮文庫nex) 作者:裕, 河野 発売日: 2019/04/26 メディア: 文庫 「夜空の呪いに色はない」に続く階段島シリーズの第6弾で完結編、2018年3月に刊行された作品。 文庫本の…

香月美夜「本好きの下克上~司書になるためには手段を選んでいられません~第二部 神殿の巫女見習いⅠ」

香月美夜の小説「本好きの下克上~司書になるためには手段を選んでいられません~」の第二部「神殿の巫女見習いⅠ」を読みました。 本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第二部「神殿の巫女見習いI」 作者:香月美夜 発売日: 2015/09/2…

小竹正人「空に住む」

小竹正人さんの小説「空に住む」を読みました。 空に住む (講談社文庫) 作者:小竹 正人 発売日: 2020/09/15 メディア: 文庫 本作は、三代目 J Soul Brothersの楽曲などに詞を提供している作詞家の小竹正人さんの初の小説で、2013年9月に単行本として刊行され…

東野圭吾「ナミヤ雑貨店の奇蹟」

東野圭吾さんの小説「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を読みました。 ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫) 作者:東野 圭吾 発売日: 2014/11/22 メディア: 文庫 本作は、2013年3月に単行本で刊行された作品で、2014年11月に文庫本化されています。 2017年9月に実写化された映…

村山由佳「海を抱く BAD KIDS」

村山由佳さんの小説「海を抱く BAD KIDS」を読みました。 海を抱く BAD KIDS (集英社文庫) 作者:村山 由佳 発売日: 2003/09/19 メディア: 文庫 本作は、1999年7月に単行本として刊行され、加筆・訂正を加えて2003年9月に文庫本化された作品だそうなので、先…

香月美夜「本好きの下克上~司書になるためには手段を選んでいられません~第一部 兵士の娘Ⅲ」

香月美夜の小説「本好きの下克上~司書になるためには手段を選んでいられません~」の第一部「兵士の娘Ⅲ」を読みました。 本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第一部「兵士の娘III」 作者:香月美夜 発売日: 2015/06/25 メディア: 単…

武田綾乃「どうぞ愛をお叫びください」

武田綾乃さんの小説「どうぞ愛をお叫びください」を読みました。 どうぞ愛をお叫びください 作者:綾乃, 武田 発売日: 2020/06/29 メディア: 単行本(ソフトカバー) 武田綾乃さんの作品は「響け!ユーフォニアム」シリーズや「君と漕ぐ」の部活ものは読んで…

田辺聖子「ジョゼと虎と魚たち」

田辺聖子「ジョゼと虎と魚たち」を読みました。 【Amazon.co.jp限定】ジョゼと虎と魚たち (特典:スマホ用壁紙データ 3種類 データ配信) (角川文庫) 作者:田辺 聖子 発売日: 1997/03/27 メディア: 文庫 昨年末に、アニメ映画化された「ジョゼと虎と魚たち」を…

香月美夜「本好きの下克上~司書になるためには手段を選んでいられません~第一部 兵士の娘Ⅱ」

香月美夜の小説「本好きの下克上~司書になるためには手段を選んでいられません~」の第一部の第2巻「兵士の娘Ⅱ」を読みました。 本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第一部「兵士の娘II」 作者:香月美夜 発売日: 2015/02/25 メディ…

河野裕「夜空の呪いに色はない」

河野裕さんの小説「夜空の呪いに色はない」を読みました。 夜空の呪いに色はない (新潮文庫nex) 作者:裕, 河野 発売日: 2018/02/28 メディア: 文庫 「狂気は壊れた黒の叫び」に続く階段島シリーズの第5弾で、2018年3月に刊行された作品。 文庫本の背表紙には…

村山由佳「星々の舟」

村山由佳さんの小説「星々の舟」を読みました。 星々の舟 Voyage Through Stars (文春文庫) 作者:村山 由佳 発売日: 2006/01/10 メディア: 文庫 図書館でたまたま手に取ってみた作品。著者の村山由佳は1964年生まれ、本作は2003年に直木賞を受賞した作品だそ…

香月美夜「本好きの下克上~司書になるためには手段を選んでいられません~第一部 兵士の娘Ⅰ」

香月美夜の小説「本好きの下克上~司書になるためには手段を選んでいられません~」の第一部の第1巻「兵士の娘Ⅰ」を読みました。 本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第一部「兵士の娘I」 作者:香月美夜 発売日: 2015/01/25 メディ…

河野裕「凶器は壊れた黒の叫び」

河野裕さんの小説「凶器は壊れた黒の叫び」を読みました。 凶器は壊れた黒の叫び (新潮文庫nex) 作者:裕, 河野 発売日: 2016/10/28 メディア: 文庫 「汚れた赤を恋と呼ぶんだ」に続く階段島シリーズの第4弾で、2016年10月に刊行された作品。 文庫本の背表…

山本文緖「みんないってしまう」

山本文緖さんの小説「みんないってしまう」を読みました。 みんないってしまう (角川文庫) 作者:山本 文緒 発売日: 2013/12/13 メディア: Kindle版 1997年1月に単行本で出版された作品で、1999年6月に文庫本化されています。 文庫本の背表紙には、次のような…

河野裕「汚れた赤を恋と呼ぶんだ」

河野裕さんの小説「汚れた赤を恋と呼ぶんだ」を読みました。 汚れた赤を恋と呼ぶんだ (新潮文庫nex) 作者:河野 裕 発売日: 2015/12/23 メディア: 文庫 「その白さえ嘘だとしても」に続く階段島シリーズの第3弾で、2015年12月に刊行された作品。 文庫本の背表…

美奈川護「星降プラネタリウム」

美奈川護さんの小説「星降プラネタリウム」を読みました。 星降プラネタリウム (角川文庫) 作者:美奈川 護 発売日: 2018/04/25 メディア: 文庫 たまたま図書館で手にした本。文庫本書き下ろしのようです。著者の美奈川護は1983年生まれで、第16回電撃小説大…

河野裕「その白さえ嘘だとしても」

河野裕さんの小説「その白さえ嘘だとしても」を読みました。 その白さえ嘘だとしても (新潮文庫nex) 作者:河野 裕 発売日: 2015/05/28 メディア: 文庫 「いなくなれ、群青」に続く階段島シリーズの第2弾で、2015年5月に刊行された作品。 文庫本の背表紙に…

宗田理「ぼくらの七日間戦争」

宗田理さんの小説「ぼくらの七日間戦争」を読みました。 ぼくらの七日間戦争 (角川文庫) 作者:宗田 理 発売日: 2014/06/20 メディア: 文庫 著者の宗田理は1928年生まれ。本作は、1985年4月に角川文庫から刊行された作品で、2014年に著者の校訂を経て、文字を…

山本文緖「絶対泣かない」

山本文緖さんの小説「絶対泣かない」を読みました。 絶対泣かない (角川文庫) 作者:山本 文緒 発売日: 1998/11/19 メディア: 文庫 1995年5月に大和書房から出版された作品で、1998年11月に文庫本化され角川文庫から刊行されています。 文庫本の背表紙には、…

河野裕「いなくなれ、群青」

河野裕さんの小説「いなくなれ、群青」を読みました。 いなくなれ、群青 (新潮文庫nex) 作者:河野 裕 発売日: 2014/08/28 メディア: 文庫 1年ちょっと前に実写映画化された映画をスクリーンで観て、いずれ原作も読んでみようと思っていました。著者の河野裕…

住野よる「青くて痛くて脆い」

住野よるさんの小説「青くて痛くて脆い」を読みました。 青くて痛くて脆い (角川文庫) 作者:住野 よる 発売日: 2020/06/12 メディア: 文庫 本作を実写映画化した映画「青くて痛くて脆い」(8月28日(金)公開)が少し気になっていたので、原作を読んでみよう…

山本文緖「きっと君は泣く」

山本文緖さんの小説「きっと君は泣く」を読みました。 きっと君は泣く (角川文庫) 作者:山本 文緒 発売日: 2013/07/17 メディア: Kindle版 著者の山本文緒は1962年生まれで、本作は、1993年7月に光文社カッパ・ノベルズから刊行されていたものを1997年7月に…

宮下奈都「終わらない歌」

宮下奈都さんの小説「終わらない歌」を読みました。そのあらすじと感想です。 終わらない歌 (実業之日本社文庫) 作者:宮下 奈都 発売日: 2015/10/03 メディア: 文庫 以前によんだ「よろこびの歌」の続編と聞いて、手にしてみた作品。 2011年から2012年にかけ…

「米澤穂信と古典部」を読む

米澤穂信の〈古典部〉シリーズをひととおり読んだので、「米澤穂信と古典部」も読んでみました。 米澤穂信と古典部 作者:米澤 穂信 発売日: 2017/10/13 メディア: 単行本 発行元のKADOKAWAのサイトなどでは、 ・・・『氷菓』以来、米澤穂信と一五年間ともに…

初野晴「ひとり吹奏楽部 ハルチカ番外編」

初野晴さんの小説「ひとり吹奏楽部 ハルチカ番外編」を読みました。 その紹介と感想です。 ひとり吹奏楽部 ハルチカ番外篇 (角川文庫) 作者:初野 晴 発売日: 2017/02/25 メディア: 文庫 副題にあるとおり、テレビアニメ「ハルチカ~ハルタとチカは青春する~…

宮下奈都「メロディ・フェア」

宮下奈都さんの小説「メロディ・フェア」を読みました。 ([み]3-1)メロディ・フェア (ポプラ文庫 日本文学) 作者:宮下 奈都 発売日: 2013/04/03 メディア: 文庫 「よろこびの歌」を読んで、この作家さんの別の作品も読んでみようと手にしてみた作品。 2011年…

鴨志田一「青春ブタ野郎は迷えるシンガーの夢を見ない」

電撃文庫から出ているライトノベル「青春ブタ野郎」シリーズの最新巻、第10作の「青春ブタ野郎は迷えるシンガーの夢を見ない」を読みました。 青春ブタ野郎は迷えるシンガーの夢を見ない (電撃文庫) 作者:鴨志田 一 発売日: 2020/02/07 メディア: 文庫 扉の…

米澤穂信「いまさら翼といわれても」

米澤穂信さんの小説「いまさら翼といわれても」を読んでみました。 その紹介と感想です。 いまさら翼といわれても (角川文庫) 作者:米澤 穂信 発売日: 2019/06/14 メディア: 文庫 「氷菓」の原作となる〈古典部〉シリーズの第6作、第5作の「ふたりの距離の概…

宮下奈都「よろこびの歌」

宮下奈都さんの小説「よろこびの歌」を読みました。そのあらすじと感想です。 よろこびの歌 (実業之日本社文庫) 作者:宮下 奈都 発売日: 2012/10/05 メディア: 文庫 「月刊ジェイ・ノベル」2007年11月号から2009年9月号にかけて掲載され、加筆・修正して2009…

米澤穂信「ふたりの距離の概算」

米澤穂信さんの小説「ふたりの距離の概算」を読みました。その紹介と感想です。 ふたりの距離の概算 (角川文庫) 作者:米澤 穂信 発売日: 2012/06/22 メディア: 文庫 テレビアニメ「氷菓」の原作となる〈古典部〉シリーズの第5作、第4作の「遠回りする雛」に…