鷺の停車場

映画、本、グルメ、クラシック音楽、日常のできごとなどを気ままに書いています

新型コロナ⑤

新型コロナウイルス感染症の感染拡大で4月8日から5月6日まで緊急事態宣言が出されていましたが、やはり、と言うべきか、5月末までの延長が決まりました。

GW終了後は、1日当たりの新規感染者数が100人を下回るようになってきており、緊急事態宣言が出た直後くらいのピーク時と比べれば、拡大のペースはかなり緩やかになってきているように思いますが、外出自粛の動きがかなり広がっていることを考慮すれば、期待したほどの効果は上がっていないということなのでしょう。

前回、4月29日までの推移を書きましたが、その後の10日ほどで、さらに様々なところに影響が広がっています。

  • 4月30日(木):国内の新規感染者数が189人、累計感染者数が14,281人に。ロシアの感染者数が10万人を、ウクライナの感染者数が1万人を超える。補正予算が成立。ロシアのムシュスチン首相が新型コロナウイルスに感染。新潟県・愛知県・京都府広島県が休業要請に応じないパチンコ店計13店を公表。

  • 5月1日(金):国内の新規感染者数が261人、累計感染者数が14,545人に。安倍首相が緊急事態宣言を1か月程度延長する方向で、5月4日に正式決定することを発表。茨城県・千葉県・長野県が休業要請に応じないパチンコ店計7店を公表。兵庫県・神奈川県が休業要請に応じないパチンコ店計4店に休業指示。

  • 5月2日(土):国内の新規感染者数が290人、累計感染者数が14,839人に。メキシコの感染者数が2万人を超える。新潟県が休業要請に応じないパチンコ店2店に休業指示。

  • 5月3日(日):国内の新規感染者数が200人、累計感染者数が15,057人に達し、死亡者数が500人を超える。ブラジルの感染者数が10万人を、パキスタンの感染者数が2万人を超える。千葉県が休業要請に応じないパチンコ店2店に休業指示。

  • 5月4日(月):国内の新規感染者数が173人、累計感染者数が15,231人に。世界全体の感染者数が350万人、死亡者数が25万人を、ベルギーの感染者数が5万人を、チリの感染者数が2万人を、バングラデシュの感染者数が1万人を超える。政府が緊急事態宣言の5月31日までの延長を決定、特定警戒都道府県以外の34県は行動制限を緩和。千葉県・群馬県が休業要請に応じないパチンコ店計2店を追加公表。24日から開催予定の大相撲夏場所の中止が決定。

  • 5月5日(火):国内の新規感染者数が122人、累計感染者数が15,354人に。アメリカの死亡者数が7万人を、ロシアの感染者数が15万人を、ペルーの感染者数が5万人を、デンマークの感染者数が1万人を超える。特定警戒都道府県以外の県で自粛要請の解除の動きが広がる。大阪府が要請解除に向けた独自の基準を公表。

  • 5月6日(水):国内の新規感染者数が108人、累計感染者数が15,463人に。アメリカの感染者数が120万人を、イギリスの感染者数が20万人、死亡者数が3万人を、イランの感染者数が10万人を、シンガポールの感染者数が2万人を、フィリピンの感染者数が1万人を超える。ドイツが営業規制などの制限措置を緩和。

  • 5月7日(木):国内の新規感染者数が95人、累計感染者数が15,547人に達する。新規感染者数が100人を下回るのは3月30日以来。インドの感染者数が5万人を、ベラルーシの感染者数が2万人を超える。特定警戒都道府県以外の県の一部で学校再開。

  • 5月8日(金):国内の新規感染者数が81人、累計感染者数が15,628人に達し、死亡者数が600人を超える。イタリアの死亡者数が3万人を、カタールの感染者数が2万人を、コロンビアの感染者数が1万人を超える。

  • 5月9日(土):国内の新規感染者数が104人、累計感染者数が15,747人に達する。ブラジルの感染者数が15万人、死亡者数が1万人を、セルビアの感染者数が1万人を超える。東京都・石川県・山口県が休業要請に応じないパチンコ店計19店を公表。

 (注)感染者数などのデータは、基本的に翌日発表の厚生労働省資料に基づいています。

 

外出自粛や休業の長期化による経済への悪影響も強く懸念されるところであり、感染者の発生が少ない県では次第に学校や営業の再開の動きが進んでいくものと思いますが、感染拡大の第二波が発生してしまうと、再びシュリンクしてしまい、なお活動再開の糸口がつかみにくくなってしまいそうです。そうならないことを祈るばかりです。