鷺の停車場

クラシック音楽、旅行、日常のできごとなどを気ままに書いていきます

ル・クープル@柏

柏のフランス料理店「ル・クープル」でランチ。
子連れで行くようなお店ではないので、これまで行ったことがなかったのですが、たまたまいい機会があったので、予約して伺いました。

f:id:Reiherbahnhof:20170618193242j:plain
この日は、ランチタイムは予約でいっぱいだったらしく、こんな張り紙が。

ランチタイムのメニューはこんな感じ。

f:id:Reiherbahnhof:20170618193311j:plain
オードブルは魚と肉から、メインディッシュは本日の魚料理、真鯛のポワレ、豚ロース肉のグリエ、岩手産鶏のフリカッセからお好みで選ぶことができます。このほか、それぞれ追加料金で頼めるメニューもあります。

オードブル+メインでデザートなし(コーヒーor紅茶付き)の「アフェールコース」(2,400円)を注文。この日は、オードブルの魚がマグロのカルパッチョ、肉が鴨のスモーク温泉玉子添え?、本日の魚料理がアイナメポワレ?でした(スタッフが一通り説明してくれましたが、詳細は忘れてしまいました。)。

私はオードブルが鴨のスモーク、メインがアイナメポワレを、もう1人はオードブルがマグロのカルパッチョ、メインが+300円の鴨モモ肉のコンフィを、それぞれ選択。

まず、オードブルが到着。いずれも見た目が綺麗です。スタッフにお聞きしたら、写真撮影OKとのことでしたので、遠慮なくカメラに収めます。

f:id:Reiherbahnhof:20170618193331j:plain
鴨のスモークは、真ん中の生ハムの下に、温泉玉子が隠れています。スタッフの説明に従い、崩して和えながらいただきました。
フランスで温泉玉子は一般的ではないでしょうから、和風の食材をアレンジして取り入れているのでしょうが、半熟玉子のまったりとした味わいが鴨のスモークとよく合っています。

f:id:Reiherbahnhof:20170618193424j:plain

こちらはもう1人の方のマグロのカルパッチョ。こちらも美味しかったとのこと。

2人とも食べ終わったころを見計らって、メインが到着。
普通のお店で食べるコースだと、途中で妙に間が開いて手持ちぶさたになったりすることも時にありますが、ちょうどいいタイミングで料理を出す間合いの取り方は見事です。
なお、これはお店もかなり意識されている点のようで、入口の扉には(具体の文言は覚えていませんが)ベストのタイミングで料理を出すようにしているので、食事途中での席外しや電話は遠慮してほしいという旨が掲示されていました。

f:id:Reiherbahnhof:20170618193446j:plain

こちらはアイナメ。魚の下に敷いてあるのはジャガイモです。
皮はちょっとパリっとして香ばしく、中の身はふんわりとした食感。ソースともよく合います。

f:id:Reiherbahnhof:20170618193359j:plain

こちらはもう1人の鴨モモ肉のコンフィ。これも美味しそうです。

フランス料理は高級というイメージがあって、これまでほとんど食事に行く機会はなかったのですが、確かにそれなりの金額はするものの、これだけのレベルの料理であれば、決して高くはないです(ディナーは結構値が張りそうですが…)。

嬉しい発見でした。