鷺の停車場

映画、本、グルメ、クラシック音楽、日常のできごとなどを気ままに書いています

映画「流浪の月」

休日の朝にTOHOシネマズ柏に行きました。


映画館は、ショッピングモール「セブンパーク アリオ柏」の3階にあります。朝9時ごろ、まだショッピングモールの開店前の時間帯、それほど人は多くありませんでした。


この日の上映スケジュール。14作品、18種類の上映が行われていました。

この日観るのは、「流浪の月」(5月13日(金)公開)。


あらかじめ予約しておいたチケットを発券し、スクリーンへ。


上映は101+2席のスクリーン5。お客さんは10人弱という感じでした。


チラシの表裏。


チラシの中見開き。


別バージョン、1枚もののチラシ。

 

2020年本屋大賞を受賞した凪良ゆうの同名小説を基に実写映画化した作品で、監督・脚本は、李相日(リ・サンイル)。全国324館と、大規模な公開です。李監督の作品は、以前に「フラガール」を家で観たことがあるだけですが、フラガールは良い作品でしたし、映画情報サイトでの口コミ評価も総じて高いので、観に行くことにしました。

 

公式サイトで紹介されているキャストは、

  • 家内更紗(かない さらさ)【広瀬すず】:10歳の時に文と出会い「女児誘拐事件の被害者」とされる。レストランでアルバイト中。
    <10歳時>【白鳥玉季】:両親と別れ、伯母の家で暮らす。

  • 佐伯文(さえき ふみ)【松坂桃李】:大学生の時、更紗と過ごし「誘拐犯」とされる。カフェcalicoを営む。

  • 中瀬亮(なかせ りょう)【横浜流星】:更紗の現在の恋人。上場企業のエリート会社員。

  • 谷(たに)あゆみ【多部未華子】:文の現在の恋人。看護師。

  • 安西佳菜子(あんざい かなこ)【趣里】:更紗の同僚のシングルマザー。

  • 湯村(ゆむら)店長【三浦貴大】:更紗の働くレストランの店長。

  • 安西梨花(あんざい りか)【増田光桜】:安西の娘。

  • 佐伯音葉(さえき おとは)【内田也哉子】:文の母。

  • 阿方(あがた)【柄本明】:アンティークショップのオーナー。

 

ネタバレになってしまいますが、おおまかなあらすじは、

 

家に帰りたくない事情を抱えた小学5年生の少女・更紗。公園で更紗を見かけた孤独な大学生・文は、更紗に声を掛け、家にき入れる。居場所を見つけた更紗は伸び伸びと過ごすが、その夏の終わり、行方不明者として捜索する警察に捕まり、文は「誘拐犯」、更紗は「被害女児」となってしまう。
それから15年後。更紗はレストランでアルバイトをしており、エリートサラリーマンの恋人の亮と同棲していた。結婚を求める亮に躊躇いを覚える更紗は、佳菜子と偶然に入ったカフェで、営んでいるのが文であることを知り、胸騒ぎを覚える。自分が更紗であることは言わずに、カフェに足を運ぶようになる更紗だったが、文には恋人の谷がいた。一方、更紗の変化を感じ取った亮は、その強い束縛心でそのカフェを突き止め、文のことをネットで暴露し拡散する。それを知った更紗は、亮を拒んで家を飛び出し、文の隣の部屋で暮らすようになる。
しかし、その幸せは長くは続かない。元誘拐犯と元被害者が仲良くしていることを、雑誌は興味本位で報じ、更紗はアルバイトを辞めざるを得なくなる。さらに、娘の梨花を更紗に預けて浮気相手と旅行に行った佳菜子が帰って来ず、梨花の面倒を見る更紗を文が手伝うようになったことで、警察の介入を招く。
再び文の人生を壊してしまったことを悔やむ更紗に、文は更紗に隠していた自分の秘密を明かす。更紗はそれを受け入れ、一緒に生きていくことを選ぶ。

 

・・・という感じ。


全体的に重い雰囲気が漂い、時間的な長さは感じましたが、切なく、心に刺さるとても良い映画でした。

更紗と文はそれぞれ複雑な事情を抱え、それが最初の出会いにつながるわけですが、その楽しい日々の中で芽生えた文との絆が、その後の更紗の心の支えとなっていきます。この回想の描写だけは、ポップなBGMで明るく描かれ、現在の重い空気と大きな対照をなしています。2人はともに自分を好きになってくれた人と恋人となり、相手を好きになろうとしますが、心の壁が消えることはなく、偶然に再開した2人は急速に接近していきます。

俳優陣も好演。広瀬すず松坂桃李の主役2人も良かったですが、特に、更紗を支配しようするあまり次第に狂気を増していく亮を演じた横浜流星、更紗の子ども時代を演じた白鳥玉季が印象的に残りました。

原作は未読の状態で見ましたが、いずれ原作小説も読んでみたいと思います。

宗八 柏本店

柏駅東口の宗八でお昼を食べました。


お店は、柏駅東口を出て正面、ビックカメラなどが入っているスカイプラザの右手に伸びる駅前通りを200mほど進み、細い路地を右に入ったところ。以前行った「壱角家」のすぐ近くです。

柏駅西口の人気店「王道家」の系列店。以前はもう少し駅から離れた場所にありましたが、2月15日に移転のため一時閉店、こちらに移転して5月12日にオープンしたようです。


お店入口の券売機で食券を購入。デフォルトのラーメンは750円です。2年近く前になりますが、移転前に食べたときと比べると、50円値段がアップしていました。野菜などの高値の影響もあるのかもしれません。

お好みで、麺の硬さは、かため・普通・やわらかめ、味の濃さは、濃いめ・普通・薄め、脂の量は、多め・普通・少なめ、とそれぞれ3通りから選べます。


店内は、12席ほどのカウンター席のみ。卓上には、以前のお店と同様に多くの調味料が用意されています。写真左から、刻みしょうが、無臭にんにく、行者にんにく、無限にんにく、粗挽き唐辛子、ラーメンコショウ、マヨネーズ、ラーメン酢、すりごま。移転前は数席で共有する形でしたが、新型コロナ対策でしょう、各席の間はアクリル板で仕切られ、調味料は各席ずつ用意させていました。


注文して10分ほどで、野菜ラーメン(800円)が到着。麺はかため、味の濃さは普通、脂は少なめです。


デフォルトのラーメンについてくる海苔とほうれん草の代わりに、キャベツともやしがどっさり乗っています。

移転前と同様、王道家よりも、ライトというかマイルドな味。先日食べた壱角家よりも好みの味でした。

 

◎宗八 柏本店
千葉県柏市柏1-5-17(Tel:04-7192-7080)
営業時間:11:00~15:00/17:00~23:00(ラストオーダー22:30)
定休日:なし

映画「バブル」

平日の夜、MOVIX亀有に行きました。


夜まだそれほど遅くない時間帯ですが、ロビーの人は少なかったです。


この日の上映スケジュール。夜の上映がある作品のみ案内されていました。


観るのは「バブル」(5月13日(金)公開)。ネットでの口コミ評価の点数はあまり良くないのですが、ディスり系の評価も多いのが一因のような印象で、そこまで悪くないのではと思い、観に行くことにしました。


以前に行った他の映画館では、このように大きなタペストリーが飾ってありましたが、この映画館にはないようでした。


上映は305席のシアター9。お客さんは15人ほど。公開初週としては寂しい入りです。


チラシの表裏。


チラシの中見開き。


チラシの別バージョン。

 

重力のバランスが壊れてしまった東京を舞台に、不思議な少女と出会った少年を描いたアクションアニメ。主要スタッフは、監督:荒木哲郎、脚本:虚淵玄、キャラクターデザイン:小畑健、アニメーション制作:WIT STUDIOなど。338館と大規模な公開で、劇場公開に先行して、4月28日からNetflixで全世界に配信されているようです。

 

公式サイトのストーリーによれば、

 

 世界に降り注いだ泡〈バブル〉で、重力が壊れた東京。
ライフラインが断たれた東京は家族を失った一部の若者たちの住処となり、ビルからビルに駆け回るパルクールのチームバトルの戦場となっていた。
 ある日、危険なプレイスタイルで注目を集めていたエースのヒビキは無軌道なプレイで重力がゆがむ海へ落下してしまった。
そこに突如現れた、不思議な力を持つ少女ウタがヒビキの命を救う。驚異的な身体能力を持つウタは、ヒビキと彼のチームメンバーたちと共に暮らすことになる。そこには、メンバーたちの面倒を見ながら降泡現象を観測し続ける科学者マコトの姿もあった。
 賑やかな仲間たちと、たわいのない会話で笑い合う日常生活に溶け込んでいくウタ。なぜか二人だけに聴こえるハミングをきっかけに、ヒビキとウタは心を通わせていく。しかし、ヒビキがウタに触れようとするとウタは悲しげな表情を浮かべて離れてしまうのだった…。
 ある日、東京で再び降泡現象がはじまった。降り注ぐ未知の泡、ふたたび沈没の危機に陥る東京。泡が奏でるハミングを聴きとったウタは、突然ヒビキの前から姿を消してしまう…!なぜ、ウタはヒビキの前に現れたのか、二人は世界を崩壊から救うことができるのか。
二人の運命は、世界を変える驚愕の真実へとつながる―。

 

・・・というあらすじ。
 

主な登場人物は、

  • ヒビキ【志尊淳】:渋谷を拠点とするバトルクールチーム・ブルーブレイズ(通称BB)のエース。幼い頃から特殊な聴覚の持ち主で、他人とのコミュニケーションをあまり好まない。プレイ中に落下した海中で、ウタと遭遇する。

  • ウタ【りりあ。】:ヒビキの前に突然現れ、一緒に暮らすことになった少女。ヒビキだけに聞こえていた”音”に反応する。運動神経が抜群でバトルクールにも参加するようになるが、その正体は不明。

  • マコト【広瀬アリス】:ヒビキたちBBが暮らす船・令洋で共に生活し、居住禁止区域の降泡現象を調査している女性科学者。今ではもはやBBのお姉さん的役割で溶け込み、ウタの面倒も見ている。

  • シン【宮野真守】:BBをはじめとするバトルクールチームの個性を尊重しながら、彼らが生活物資を賭けて争うバトルレースをジャッジしている、数少ない年長者。少年たちの頼れるアニキ的存在。

  • カイ【梶裕貴】:BBのリーダー。卓越した運動神経でBBを勝利に導く熱血漢。降泡現象で家族を失い、船長だった父の影響を受けて自らも暇があれば操縦の勉強をし、船の整備を担当している。

  • 電気ニンジャ・リーダー【畠中祐】:秋葉原を拠点とするバトルクールチーム”電気ニンジャ”のリーダー。バトルで生活物資を稼ぐため常にBBと張り合っているが敵対心はなく、時に彼らを応援する。

  • ウサギ【千本木彩花】:BBの中では最年少で明るく無邪気な、チームのムードメーカー。バトルクールではまだ無鉄砲な動きをしてしまうこともあるが、チームには欠かせない存在。

  • アンダーテイカー・リーダー【井上麻里奈】:お台場を拠点とするバトルクールチーム”アンダーテイカー”のリーダー。強力なスポンサーがおり、バトルに特化した高性能ブーツなどを使用して、ヒビキたちを脅かす。

  • 関東マッドロブスター・リーダー【三木眞一郎】:練馬を拠点とするバトルクールチーム”関東マッドロブスター”のリーダー。性格や言動は荒っぽいが情に厚く、敵チームの危機にも素早く対応する一本気な男。

など。

 

何より、映像の美しさ、迫力は魅力的。これはスクリーンの大画面で観るべき作品です。ストーリーの細部の設定など、突っ込みどころもあるように思いましたが、それを意識させない圧倒的な映像でした。

物語では、アンデルセンの童話「人魚姫」が重要な役割を担っています。劇中でも、マコトに人魚姫の絵本を読んでもらったウタが、その内容に自分を重ね合わせ、ヒビキを指して「王子」、自分を指して「人魚姫」と言うシーンが出てきます。典型的なボーイミーツガールの物語ですが、思っていたよりかなりいい作品でした。


なお、入場者プレゼントをいただきました。WIT STUDIO 書き下ろしイラストミニ色紙、裏には主要キャストのメッセージがありました。