鷺の停車場

映画、グルメ、クラシック音楽、日常のできごとなどを気ままに書いていきます

夏の名古屋旅行(6)名古屋城から帰路へ

3日目の朝、ホテルのロビー階にあるダイニングで朝食ブッフェ。
f:id:Reiherbahnhof:20170817234252j:plain
スタンダードな朝食メニューのほか、名古屋めしのひつまぶしやきしめん、さらには、アジアからの観光客向けか、フォーなんかもありました。
f:id:Reiherbahnhof:20170817234322j:plain
結構な賑わいでした。
オムレツは、自分で具をトッピングしたものをコックさんがその場で調理してくれました。
f:id:Reiherbahnhof:20170817234356j:plain
ちょっと部屋でのんびりした後、9時半ごろにチェックアウト。スーツケースなど大物の荷物はホテルに預かってもらいます。こういうところのサービスが行き届いているのは嬉しい。
f:id:Reiherbahnhof:20170817234430j:plain
ホテルから名古屋駅の市営バスターミナルまで歩き、循環観光ルートバス「メーグル」に乗って、名古屋城に向かいます。
f:id:Reiherbahnhof:20170817234559j:plain
バス停で下車してちょっと歩くとすぐ入口です。
f:id:Reiherbahnhof:20170817234635j:plain
入場券を買って門をくぐるとすぐ、おもてなし武将隊の案内看板がありました。
f:id:Reiherbahnhof:20170817234657j:plain
さっそく出現。前田利家だったかな?
口上を述べた後、観光客の写真撮影に応じてました。
f:id:Reiherbahnhof:20170817234715j:plain
しばらく歩くと、復元された本丸御殿に来ます。現在第3期工事中ですが、完成している第2期工事分まで見ることができます。
f:id:Reiherbahnhof:20170817234738j:plain

f:id:Reiherbahnhof:20170817234756j:plain
見事に復元されています。裸足は禁止、荷物も厳しく規制されていて、汚さぬようかなり気を遣っている感じでした。
本丸御殿を見た後、いよいよ天守閣へ。
f:id:Reiherbahnhof:20170817234841j:plain
天守閣は、昭和20年に空襲で焼失したものを、昭和34年に鉄骨鉄筋コンクリート造りで外観復元したものだそうで、内部は城の歴史をはじめとする展示館になっています。
焼失前の写真も展示されていました。
f:id:Reiherbahnhof:20170817234901j:plain
写真のほか、戦前に実測図が作成されたものが残っていることで、天守閣の外観や本丸御殿のかなり正確な復元が可能になったそうです。
最上部に上がると、名古屋市内が一望できました。
f:id:Reiherbahnhof:20170817234925j:plain
時間があればトヨタ産業技術記念館にも立ち寄ってみたかったのですが、名古屋城で思ったより時間がかかってしまったので、断念。
再びメーグルで名古屋駅に戻ります。
駅はけっこうな混雑です。
f:id:Reiherbahnhof:20170817234942j:plain
ホテルでスーツケースなどを引き取ってから、新幹線改札口のすぐ脇の地下街「エスカ」のカレーうどん店「若鯱屋」で昼食。
f:id:Reiherbahnhof:20170817235008j:plain
向かいは味噌かつで有名な「矢場とん」、2~30人の行列ができていて約30分待ちとの案内でしたが、こっちのお店は比較的待ち時間が少なく入ることができました。
カレーうどんにエビフライと温玉のトッピングを追加して注文。
f:id:Reiherbahnhof:20170817235037j:plain
名古屋名物というわけではないのでしょうが、これはこれで美味しくいただきました。
f:id:Reiherbahnhof:20170817235058j:plain
こちらはカレーうどん+揚げナス。これも美味しそうでした。
昼食後、お土産などの買い物を終えると、予約した新幹線の時間までほんの少し。
f:id:Reiherbahnhof:20170817235124j:plain
14時過ぎの新幹線に乗車して帰京。
行く前は家族がどこまで楽しんでくれるか心配なところもありましたが、けっこう満足してくれた様子で一安心。
時間の都合で気になって行けなかった場所もあったので、機会があればまた行ってみたいと思いました。(終)