鷺の停車場

映画、グルメ、クラシック音楽、日常のできごとなどを気ままに書いていきます

喜多川@沼南

柏の旧沼南町のエリアにある「蒲焼 喜多川」で昼食。

f:id:Reiherbahnhof:20180722145814j:plain
お店は国道16号線の「大島田」交差点を北(我孫子市)方面に県道8号(船橋我孫子)線、通称「船取(ふなとり)線」を曲がってちょっと進んだところ、沼南近隣センターの県道を挟んだ向かい側にあります。駐車場は店の横に4台分スペースがあります。

f:id:Reiherbahnhof:20180722145834j:plain
店名は正しくは七が3つの「㐂多川」(環境依存文字なので化けるかも)です。
店内はお座敷で、4人掛けのテーブルが4つ、6人掛けのテーブルが1つの昔ながらの雰囲気。
お店はご主人夫婦で切り盛りしている感じ。

f:id:Reiherbahnhof:20180722145936j:plain

f:id:Reiherbahnhof:20180722145944j:plain

f:id:Reiherbahnhof:20180722145955j:plain

f:id:Reiherbahnhof:20180722150007j:plain
店内のメニュー。特重と松と丼は、うなぎの量が違うだけでモノは同じようです。

真ん中の松(税込み3,500円)を注文。メニューに注文を受けてから蒸し始めるため30~50分ほどお時間頂戴しますとあるので、置いてある新聞などを読んだりして時間を潰しながらのんびり待つことに。

f:id:Reiherbahnhof:20180722150025j:plain
テーブルの上の薬味類。山椒、七味、醤油、爪楊枝というくらい。

この日は、火の具合が今一つだったようで、いつも以上に時間がかかってしまっているらしく、50分を過ぎても一向に来ません。ようやく到着したのは注文から70分ほど経った後。運んできた奥さんからは丁重にお詫びの言葉。

f:id:Reiherbahnhof:20180722150038j:plain

f:id:Reiherbahnhof:20180722150052j:plain
程よい焼き加減で、身は柔らか過ぎずふっくらしています。タレも甘くないさっぱりとした感じで個人的にはgood。美味しかった。

味はかなり良かったですが、正直時間かかり過ぎなのは残念でした。いつもはここまで待たないのでしょうけど、30分~50分はかかるということなので、時間に余裕を持って事前に予約・注文してから行った方がいいお店だろうと思いました。