鷺の停車場

映画、グルメ、クラシック音楽、日常のできごとなどを気ままに書いていきます

スキー旅行@草津温泉②初日の午後

f:id:Reiherbahnhof:20190213233303j:plain
(つづき)草津温泉スキー場へのスキー旅行の初日、御成ロッヂで昼食。

店内は、ざっと見た感じ6人掛けのテーブルが5~6卓くらい。

f:id:Reiherbahnhof:20190213233328j:plain
メニュー。パンとパスタが中心。

f:id:Reiherbahnhof:20190213233353j:plain
ミートボールパスタ(850円)。ミートボールは美味しかったのですが、メニューの写真と比べるとソースがかなり少なくパスタの味が薄かったのはがっかり。

f:id:Reiherbahnhof:20190213233411j:plain
カルボナーラ(単品780円)。こちらはソースの量は十分でしたが、クリームの味が強い感じ。胡椒や塩がもう少し効いていれば美味しかったような気がします。

f:id:Reiherbahnhof:20190213233429j:plain
パスタセット(1,100円)に付いてきたクロワッサン(単品210円)。店内にあるトースターで軽く焼いて食べると香ばしさも増して美味しくいただけました。

f:id:Reiherbahnhof:20190213233455j:plain
(御成ロッヂからおなり山ゲレンデを見上げたところ)

f:id:Reiherbahnhof:20190213233535j:plain
(1つ上の写真のさらに左手を望んだところ。左手奥に伸びるのがしゃくなげ高速クワッドリフト、その手前、左端から右に伸びるのが天狗山高速クワッドリフト、中央付近から右手に伸びるのがおなり山ペアリフト)

12時過ぎにお店を出て、お昼時でちょっとリフトが空いてきたので、しゃくなげ高速クワッドリフトで上がってみます。

少し気温が上がったようで、朝ほどは寒くないので、青葉山第1ペアリフト(242.15m)で青葉山第1ゲレンデ(中級~上級・250m・平均斜度21゚)に上がってみました。

f:id:Reiherbahnhof:20190213233901j:plain
リフトを下りたスキー場の最上部。時折薄日も差してきます。中央奥の建物はしゃくなげ高速クワッドリフトの降り場、右側手前の建物は廃止された白根火山ロープウェイの山麓駅です。

滑り始めの部分は傾斜がある上に雪がガリガリで滑りにくいので、青葉山第2ゲレンデ(中級~上級・360m・平均斜度15゚)の方に滑り下り、青葉山第2ペアリフト(356.27m)に乗ってみることに。

f:id:Reiherbahnhof:20190213234105j:plain
ゲレンデ最下部のリフト乗り場近くから青葉山第2ゲレンデを見上げたところ。左端はリフト待ちのスキーヤーで、そこそこの行列になっています。

f:id:Reiherbahnhof:20190213234131j:plain
青葉山第2ペアリフトの乗り場。

1時間ほど青葉山ゲレンデを滑ると、さらにリフト待ちの行列が延びてきたので、隣接する青葉山レストランでトイレ休憩。

f:id:Reiherbahnhof:20190213234156j:plain
レストラン前から本白根山の山頂方面を望みます。昨年噴火したのは正面奥のあたりなのでしょうか。

f:id:Reiherbahnhof:20190213234219j:plain
ロープウェイ山麓駅。

休憩後、車中で留守番している犬の様子見も兼ねて、しゃくなげコース(初級・3,200m・平均斜度8゚)で麓の天狗山ゲレンデに下りてみます。

f:id:Reiherbahnhof:20190214003223j:plain
(上級者向けの「天狗のカベ」を上から見下ろしたところ)

f:id:Reiherbahnhof:20190213234244j:plain

f:id:Reiherbahnhof:20190213234255j:plain
午後になってさらに人が増え、リフトはどれも結構な行列になっているので、相対的に待ち時間が短そうな天狗山ペアリフトを中心に1時間半ほど滑って、16時前に切り上げ、ブーツを履き替えたりして16時15分ごろ、スキー場を出発しこの日の宿に向かいました。(つづく)